歯を抜いた後は?|浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニック

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン治療例

インビザライン日記

インビザラインファースト

歯を抜いた後は?

投稿日:2019年11月29日

カテゴリ:未分類

こんにちは。浦和もちまる歯科のスタッフです。

今日は歯の欠損部分の治療法についてご説明していきます。

歯を抜いてからそのまま放置しているかた

注意しなければいけないことがあります!

 

重度の虫歯や歯周病で歯を抜いてそのまま治療せず

放置してしまうと抜いた歯の隣の歯が倒れてきたり

噛み合う歯がだんだん伸びてきます。

そうすると今度は歯並びが悪くなり

噛み合わせが悪くなってしまいます。

歯を失った後の治療法として、《インプラント・ブリッジ・入れ歯》

の3つの治療法がございます。

 

インプラントは、手術になりますが、歯を支える骨に

インプラントを埋入しますのでご自身の歯と同じように

しっかり噛む事が可能です。見た目も自然の歯と変わらず

他の歯に負担がかかることはございません。

手術になるため治療期間は長めになります。

ブリッジは、欠損部位の両隣の歯を削り橋を渡すように

連結した被せ物を被せて行く治療です。

自分の歯と同じような感覚で噛む事が可能です。

自費のブリッジであれば見た目も綺麗にできます。

リスクとして両隣の歯が健康な場合でも削らないといけません。

また両隣の歯に負担がかかるため、経年的に使用すると

その歯を失う可能性もあります。

 

入れ歯部分的に歯が欠損している場合は部分入れ歯、

すべての歯を失った場合は総入れ歯になります。

保険診療の入れ歯であれば比較的安価に作製可能ですが

インプラントやブリッジに比べると噛み心地が劣ります。

自費の入れ歯であれば見た目や噛み心地を改善することができます。

 

歯を失って悩んでいる方、詳しくご説明いたしますので

一度当院にいらして下さいね!

 

お口のお悩みは浦和もちまる歯科・矯正歯科までご連絡ください。

トップへ戻る