小児矯正・小児歯科|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

インビザラインファースト

小児矯正・小児歯科

将来を見据えた小児歯科・小児矯正治療

小児矯正・小児歯科

お子様の歯を対象とする小児歯科では、将来までもきちんと見据えた上での治療や提案が不可欠といえます。保護者の方の立場とお子様の気持ちを汲み取り、将来的に何がベストかを考えた治療方法をご提案します。

さいたま市認可保育園園医が在籍

浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックの院長は、地域に根ざした小児歯科医療の提供を行うため、さいたま市認可保育園の園医の資格を有しております。

歯磨き指導・虫歯処置から小児矯正までお子様のお口の健康をトータルにサポートさせていただきます。

子供たちとの心の触れ合いを大切にする歯医者さんへ

虫歯の治療内容自体は大人も子供もそう変わるものではありませんが、子供を患者とする以上、小児歯科には治療の前段階でも工夫が求められます。それは子供たちとの心の触れ合いを持つこと。信頼関係がより重要となるのです。そこで当院の心掛けていることを説明します。

緊張しがちなお子様に対して

お子さまの緊張緩和

初めての歯の治療というのは大人でも不安を感じ、緊張するものです。ましてやお子様となるとなおさらでしょう。当院では、初回受診のお子様に対していきなり治療に取り掛かるのではなく、話をして治療用の器具を示すことで、その緊張を和らげます。

治療内容のご説明をお子様に対しても

親御さん同席での治療

お子様の治療時には保護者の方の同席が可能です。それによってお子様も安心して治療が受けられ、保護者の方にとっては適切な治療を受けていることの確認ができるのです。また治療の方法や予防方法、ケアの方法もお子様と保護者の方の間で共有できるため、ご自宅での適切な歯のメンテナンスがしやすくなります。

3つの矯正治療方法によってお子様の発育段階に対応

2つの矯正治療法

お子様の矯正治療に「マウスピース型装置」と「拡大床」を組み合わせることで、年齢に対応した処置が可能となります。ワイヤーを用いた場合、歯が磨きにくくなってしまい虫歯にもなりやすくなります。他方で拡大床はコストの高さが問題となります。

そこで当院ではこのワイヤーと拡大床を併せて治療に用いることにより、両者を単独で用いた場合のデメリットを打ち消します。加えて顎骨の幅の調整へのアプローチもできるため、矯正効果も格段に上がります。お子様の負担を軽減しつつ、お財布への負担も軽くすることができます。

最新のマウスピース矯正《インビザラインファースト》を先行導入

虫歯になりにくい!痛みが出にくい!目立ちにくい!

インビザラインファースト当院では2019年4月の日本発売に先駆けて、インビザラインファーストという『小児の一期矯正』に対応するインビザラインも2018年より、米国アライン社の依頼により先行導入されています。

歯列矯正は究極の予防歯科です。従来のマルチブラケットの矯正では、歯磨きが大変だったり、口内炎など急なトラブルがおきたりしたがインビザラインはありません。多くの患者様に学業や習い事の妨げにならず衛生的な矯正を行って頂いています。

インビザラインについて詳しくは矯正歯科・マウスピース矯正ページをご覧ください。

【永久歯列期】インビザラインティーン

インビザラインティーン見えない超薄型の透明なマウスピース型の矯正装置(暑さわずか0.5mm)です。取り外しできて、目立たない、痛みも少ないといった三拍子揃った最新マウスピース小児矯正装置です。

大人用のインビザラインと、小中高生が対象のインビザラインティーンがありまして、インビザラインティーンは、主に永久歯が生えそろうか、乳歯が全て抜けて、永久歯がもうすぐ生え変わるという時期が対象です。マウスピースですので、部活中にも取り付けられ、ワイヤー矯正に比べて格段に学校生活が楽になります。

そして、なにより目立ちませんので思春期の矯正には非常に優れており学生さんに大変人気です。インビザラインについて詳しくは矯正歯科・マウスピース矯正ページをご覧ください。

【乳歯列期・混合歯列期】拡大床矯正装置

拡大床矯正装置乳歯だけ、もしくは乳歯と永久歯が混在した時期は、顎骨の成長を適切に促すことを目的とした顎骨拡大床矯正を行います。歯の内側に装置を取り付け、顎骨を前方、側方に拡大し、永久歯が適切にならぶスペースを確保します。

拡大するといっても、顔貌に影響が出るまで拡大するわけでありませんのでご安心ください。近年、顎骨の成長が乏しく、非常にアゴの小さな子どもが増えています。

「アゴが小さくなる=かっこいい、素敵」これはとんでもない考えで、顎骨の成長度合いは、お子様の将来を大きく左右するかもしれないと言っても過言ではない、悲劇につながる可能性があります。詳しくは下記でご説明しておりますので、親御さんはぜひこのページを最後までご覧ください。

お口周りの組織の正常な成長を促す子供の矯正

小児矯正

お口の中の環境は生まれてから歯が生えるまでの過程で目まぐるしく変化します。飲む行為から食べる行為に変わり舌の使い方も変化していきます。

普段無意識にしている動きが小さな頃は難しい事もあり、この動きがスムーズに行われない事で歯並びやお口周りの組織(顎・頬の筋肉など)の正常な成長に悪影響を及ぼす事があります。そのような場合に矯正装置などを使い正常な成長を促す事で歯並びに影響が出ないように予防を行います。

乳歯の頃からのケアがお子さんの健康に繋がります

乳歯のケア永久歯は歯茎の中に埋まっている時から乳歯の影響を沢山うけます。乳歯は永久歯に生え変わるからと言って乳歯の虫歯などをほっておくと次に生えてくる永久歯が歯茎の中で虫歯になる事も十分に考えられます。

その場合永久歯が健康な状態で生えて来ないだけでなく歯並びなどにも悪影響が出てきます。歯並びが悪くなると嚙み合せや身体のバランスさらには全身の健康にも被害が出てきます。

1つの小さな事が大きな問題となる前にお子さんの虫歯を発見した場合は早めの治療をお願いします。不安な時は定期的に歯科検診を受ける事をお勧めします。

小児の頃に行う歯列矯正の役割とメリット

小児矯正小児矯正は将来の綺麗な歯並びを形成する為、顎の成長を促し歯の生えるスペースを確保することが最大の目的です。

更に顎の健やかな成長の妨げになる悪いクセなどの改善も同時に行っていきます。小学一年生になる前までに始めることが重要になってきます。また、下記のようなメリットがあります。

歯並びが原因で内向的な性格にならないように出来る。

赤ちゃんの頃からの癖をやめさせる事ができる。

成長して歯並びが悪くなったとしても少しの期間で改善が可能

ケアがしやすくなるため虫歯や歯周病などの予防に繋がる

成人矯正をする事があっても抜歯をせずに行える可能性が高い

人間本来の正しい骨格の形成、口腔内の正常な成長の可能性が高くなる

生涯の虫歯菌の割合は幼少期のある期間で決まる?!

生まれたばかりの子供には虫歯の原因になる菌は存在しません。1歳半ば頃になると少しずつ歯が生え始めます。この時期に虫歯菌を持っている人達(主に家族)の唾液などから感染する事でこの先の長い未来を虫歯と共に歩まなければならなくなります。歯科関係者の中でこの虫歯菌に感染しやすくなる時期を『感染の窓』呼び注意を呼びかけています。虫歯菌に感染しないことは不可能でも感染時期を遅らせる事で虫歯菌の数を減らす事ができるそうです。感染しやすい1歳半ばから2歳半ばまでは細心の注意が必要です。

虫歯予防は小さな頃から習慣に

虫歯予防

強い健康な歯を育てる為には毎日の意識と定期的な歯科検診が必須です。歯医者さんは痛くなったら行く所ではなく、痛くならない為に行くと言う予防歯科の意識を持ちましょう。当院では子どもの歯に対して下記の虫歯予防治療を行っております。

予防の為の正しい歯磨き指導

お母さんの仕上げ磨きのポイントやお子様自身が予防の為に正しい歯磨きがでいるように分かりやすく教えていきます。

フッ素による歯面強化

フッ素は歯の表面を強くし、酸によって表面が溶けかかった歯をもとの状態に戻す事を促進します。特に子供の歯は大人の歯に比べて虫歯になりやすい為歯科医院で定期的にフッ素を塗布してもらうことをおすすめします。

歯の溝を埋めるシーラント

生えたばかりの永久歯は柔らかい為虫歯になりやすい特徴があり、さらに奥歯はケアがしにくいので虫歯リスクは更に高くなります。生え変わった奥歯を虫歯から守る為に奥歯の溝をフッ素が配合されたプラスッチック材で埋める事で虫歯を予防する処置を歯科医院で実施しましょう。

さいたま市浦和区での小児歯科・小児矯正といえば浦和もちまる歯科

小児歯科、小児矯正歯科をお探しの方

さいたま市浦和区近辺で小児歯科や小児矯正歯科に掛かりたいという方は当院までお越しください。浦和もちまる歯科の小児歯科は虫歯や歯周病の予防だけではなく、将来の虫歯リスクの軽減などまで含めた治療を行います。また、妊婦さん向けの歯科治療・妊婦歯科検診も行っております。ご相談をお待ちしておます。

トップへ戻る