小児矯正・小児歯科|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

小児矯正・小児歯科

浦和もちまる歯科の提供する、将来を見据えた小児歯科・小児矯正治療

小児矯正・小児歯科

お子様の歯を対象とする小児歯科では、将来までもきちんと見据えた上での治療や提案が不可欠といえます。保護者の方の立場とお子様の気持ちを汲み取り、将来的に何がベストかを考えた治療方法をご提案します。

さいたま市認可保育園園医が在籍

浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックの院長は、地域に根ざした小児歯科医療の提供を行うため、さいたま市認可保育園の園医の資格を有しております。

歯磨き指導・虫歯処置から小児矯正までお子様のお口の健康をトータルにサポートさせていただきます。

子供たちとの心の触れ合いを大切にする歯医者さんへ

歯医者さんを好きになる

虫歯の治療内容自体は大人も子供もそう変わるものではありませんが、子供を患者とする以上、小児歯科には治療の前段階でも工夫が求められます。それは子供たちとの心の触れ合いを持つこと。信頼関係がより重要となるのです。そこで当院の心掛けている4つの手順をご説明します。

① 緊張しがちなお子様に対して

お子さまの緊張緩和

初めての歯の治療というのは大人でも不安を感じ、緊張するものです。ましてやお子様となるとなおさらでしょう。当院では、初回受診のお子様に対していきなり治療に取り掛かるのではなく、話をして治療用の器具を示すことで、その緊張を和らげます。

② 治療内容のご説明をお子様に対しても

お子さま目線の治療説明

虫歯の放置がどういう結果を招くか、どういった治療を施すのかといったことを、お子様ご本人にもご説明します。それによってお子様ご自身が歯を大切にし、家でのケアやメンテナンスをきちんとしてくれるようになるのです。

③ 治療の際に保護者の同席が可能です

親御さん同席での治療

お子様の治療時には保護者の方の同席が可能です。それによってお子様も安心して治療が受けられ、保護者の方にとっては適切な治療を受けていることの確認ができるのです。また治療の方法や予防方法、ケアの方法もお子様と保護者の方の間で共有できるため、ご自宅での適切な歯のメンテナンスがしやすくなります。

④ 顎の発育と咬み合わせについての提案

顎の発育面のご提案

常に動きながら成長してゆくお子様の歯は、現在の並びに問題がなくとも、大人になるにつれて問題が出てくることがあり得ます。そこで当院では咬合誘導という、顎の骨の成長の適切誘導によって将来的な歯並びを整える治療をご提案致しております。今現在だけではなく、今後の歯並びも意識していくのが大事です。

2つの矯正治療方法によってお子様の発育段階に対応

2つの矯正治療法

お子様の矯正治療に「マウスピース型装置」と「拡大床」を組み合わせることで、年齢に対応した処置が可能となります。ワイヤーを用いた場合、歯が磨きにくくなってしまい虫歯にもなりやすくなります。他方で拡大床はコストの高さが問題となります。

そこで当院ではこのワイヤーと拡大床を併せて治療に用いることにより、両者を単独で用いた場合のデメリットを打ち消します。加えて顎骨の幅の調整へのアプローチもできるため、矯正効果も格段に上がります。お子様の負担を軽減しつつ、お財布への負担も軽くすることができます。

【乳歯列期・混合歯列期】拡大床矯正装置

拡大床矯正装置乳歯だけ、もしくは乳歯と永久歯が混在した時期は、顎骨の成長を適切に促すことを目的とした顎骨拡大床矯正を行います。歯の内側に装置を取り付け、顎骨を前方、側方に拡大し、永久歯が適切にならぶスペースを確保します。

拡大するといっても、顔貌に影響が出るまで拡大するわけでありませんのでご安心ください。近年、顎骨の成長が乏しく、非常にアゴの小さな子どもが増えています。

「アゴが小さくなる=かっこいい、素敵」これはとんでもない考えで、顎骨の成長度合いは、お子様の将来を大きく左右するかもしれないと言っても過言ではない、悲劇につながる可能性があります。詳しくは下記でご説明しておりますので、親御さんはぜひこのページを最後までご覧ください。

【永久歯列期】インビザラインティーン

インビザラインティーン見えない超薄型の透明なマウスピース型の矯正装置(暑さわずか0.5mm)です。取り外しできて、目立たない、痛みも少ないといった三拍子揃った最新マウスピース小児矯正装置です。

大人用のインビザラインと、小中高生が対象のインビザラインティーンがありまして、インビザラインティーンは、主に永久歯が生えそろうか、乳歯が全て抜けて、永久歯がもうすぐ生え変わるという時期が対象です。マウスピースですので、部活中にも取り付けられ、ワイヤー矯正に比べて格段に学校生活が楽になります。

そして、なにより目立ちませんので思春期の矯正には非常に優れており学生さんに大変人気です。インビザラインについて詳しくは矯正歯科・マウスピース矯正ページをご覧ください。

小児矯正は見た目だけではなく様々な問題の改善に繋がります!

問題の改善

小児矯正治療はもっと成長してからで構わないのではないか、とお考えの方にはぜひこの項目をご一読いただきたく思います。小児矯正はただ歯並びを整えて見た目をよくするだけではなく、お子様の将来に大きな影響を及ぼす治療です。一例としてはアレルギーや鼻炎、喘息や多動、集中力不足などの改善に繋がるといわれています。

顎の骨の位置がズレることによって生じる問題とは

顎骨の位置のズレ現代では子供が固い物を何度もしっかり噛んで食べる機会が減ってきています。それに伴い顎骨の発育が不十分となり、顎の骨全体が小さく、その位置もズレているというお子様が多くなっています。

そうすると、空気が通る鼻腔というスペースが縮小して呼吸がしにくくなり、下顎も小さいために歯の並ぶスペースが足りず歯並びも悪くなってしまい、また舌が気道を圧迫して呼吸を妨害し、いびきの原因となったりするのです。

呼吸がしにくくなることによって生じる多くの問題とは

問題が生じる可能性呼吸がしにくくなることによって脳を始めとする身体全体へ酸素が十分に行き渡らなければ、学力低下や精神の不安定、多動の傾向や中耳炎、蓄膿症といった多くの問題が生じる可能性が出てきます。

加えて鼻呼吸も難しくなるために口で呼吸することとなり、口が開きっぱなしになって、扁桃腺の腫れやすさやアレルギーなどのなりやすさといった問題も生じやすくなってしまいます。呼吸一つでこれだけの問題が生じてしまうのです。

呼吸と歯並びの関係性とは

上顎の大きさや位置を治療によって望ましい在り方へ成長させることで、呼吸がしやすくなるだけではなく、歯並びがきれいにもなっていきます。

呼吸が改善されれば身体中へ酸素が行き渡るので子供の潜在能力が発揮されるようになりますし、舌の位置が改善されることで口の周りの筋肉や顎の関節もきちんと動くようになって、姿勢や歯並びも良くなるのです。

浦和もちまる歯科は妊婦さんや妊娠予定の方のサポートも万全です!

妊娠中・妊娠予定の女性日本人の成人のうち約8割が患わっているといわれている歯周病は、妊婦さんや妊娠予定の方に悪影響を及ぼす可能性があります。歯周病菌が血液の中に入ることによって全身疾患や胎児へのダメージといった問題が生じ得るのです。

そのため妊婦さんの口腔状態には特に注意が必要です。また治療に関しても、妊娠中の麻酔は好ましくありませんから、その前にちゃんと治療を済ませておくことが望ましいといえます。

浦和もちまる歯科では妊活を口腔状態のチェックから始めていただこうと様々な取り組みをしております。妊婦歯科検診や栄養に関するアドバイスなども行っておりますので、どうぞお気軽にお越しください。

さいたま市浦和区での小児歯科・小児矯正といえば浦和もちまる歯科!

小児歯科、小児矯正歯科をお探しの方

さいたま市浦和区近辺で小児歯科や小児矯正歯科に掛かりたいという方は当院までお越しください。浦和もちまる歯科の小児歯科は虫歯や歯周病の予防だけではなく、将来の虫歯リスクの軽減などまで含めた治療を行います。また、妊婦さん向けの歯科治療・妊婦歯科検診も行っております。ご相談をお待ちしておます。

トップへ戻る