妊娠中は、歯ぐきが悪くなりやすい?|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

妊娠中は、歯ぐきが悪くなりやすい?

投稿日:2017年12月18日

カテゴリ:未分類

こんにちは、トリートメントコーディネーターの仲村です。

 

もうすぐクリスマスですね!

今年は雪が降るのも早く、寒い日が続いていますね。。。

乾燥も相まって風邪を引きやすい時期なので、予防もしっかりしていきたいですね!

 

本日は、お母さんと赤ちゃんのお口の中の健康に関するお話です。

 

妊娠中は歯ぐきが悪くなりやすい?

妊娠をすると酸味のあるものが欲しくなったり、嗜好や味覚が変わってきます。

これはホルモンのバランスや唾液の量が変化するためだと言われています。

同じ理由で、歯ぐきに炎症を起こしやすくなります。

妊娠中の女性の歯ぐきの溝からは、女性ホルモン(エストロゲン)を好む特有の細菌が見つかります。

その細菌が妊娠性歯肉炎と言われる歯ぐきの腫れの原因になります。

妊娠女性の約40%は歯肉からの出血、歯肉の腫れを自覚していると言われています。

その意味で、妊娠をすると歯ぐきが悪くなるという説には、科学的根拠があると言えます。

もちろん、お口の中をきれいにしておけば、この歯肉炎は防ぐことが出来ます。

 

妊娠中に行う歯科治療の注意

痛みの強い虫歯は、出産という大事業の支障になりかねません。

妊娠安定期に治療をしておくのがベストです。

もしも、虫歯が進行するようなことがあると、血液中に細菌が侵入し、お腹の赤ちゃんに悪影響が及ぶ可能性があるためです。

妊娠初期の歯科治療は、麻酔、投薬、レントゲン撮影などの面で注意すべきことがあります。

受診はできるだけ、妊娠5ヶ月以降の安定期に行うようにしましょう。

現代の歯科のレントゲン撮影は神経質になることはないと言われていますが、妊娠の可能性がある場合には、必ず防護用のエプロンを着用して撮影を行いましょう。

妊娠初期には、レントゲン撮影やお薬の影響が赤ちゃんに及ぶ可能性がありますので、受診の際に必ず、妊娠の可能性を伝えるようにしましょう。

安定期に入っているのであれば、普通のヒロの診療と違いのない治療を受けることが出来ますが、治療帰還について相談して行っていく必要があります。

 

 

 

母子健康手帳の交付を受けましょう!

 

妊娠に気がついたら役所に届け、母子健康手帳の交付を受けることが出来ます。

かかりつけの歯科医がいる場合には、その母子健康手帳を持参して歯科健康診断を受けるようにしましょう!

母子健康手帳の歯科の記入欄に記入をしてもらうことができます。

 

 

妊娠が分かったら家族みんなで禁煙を心がけましょう!

公共の場や、会社での禁煙や分煙がずいぶんと進みました。

これは、他人のタバコの煙を吸い込む副流煙(受動喫煙)の健康被害が問題視されているためです。

ですが、ご家族に喫煙者がいる場合には、副流煙の受動喫煙から逃れるのは大変難しくなります。

 

タバコの煙は、喫煙者が吸い込む主流煙よりも、タバコから立ち上がる煙、副流煙の方が遥かに多くの有害物質を含んでいます。

タバコの煙は、タバコの三悪と呼ばれる

ニコチン

タール

一酸化炭素

それ以外にも、200種類を超える有害物質が含まれており、しかもその内40種類以上が発がん物質が含まれています。

家族の喫煙の影響は、当然小さなお子さんにも及びます。

一緒に住んでいるご家族がタバコを吸っているとお腹の赤ちゃんや小さなお子さんにも様々な影響が出ます。

特に、妊娠している女性自身の喫煙は、お腹の赤ちゃんに深刻な結果をもたらしかねません。(流産や低体重児の出産など)

ご両親のどちらかがタバコを吸う家庭のお子さんの尿の中からニコチンを測定した研究もあります。

 

非喫煙の家庭のお子さんを1とすると、喫煙の家庭のお子さんの尿のニコチン量は、家族が屋外、または窓の側で吸っている場合には、2.4倍、台所の換気扇の下で吸っている場合には3.0倍、日常的にタバコを吸っている場合には、15倍にもなっています。

 

タバコの煙は、口の中にも様々な影響を及ぼします。

①タバコの煙が口の中に入ると唾液の分泌が低下して、口が乾きやすくなります。そのため、虫歯のリスクが高まり、また口臭の原因にもなります。

 

②歯ぐきにメラニンが沈着して黒く色がつきます。

 

③歯ぐきの血流が悪くなり、お口の中の病気のリスクが高くなります。

 

④味覚が低下します。

 

⑤がんになるリスクを高くなります。

妊娠は、家族みんなで健康を意識する良い機会です。

生まれてくる赤ちゃんのためにも、家族みんなで健康を守って行きましょう!

 

 

タバコの身体への影響やリスク、とっても恐いですね。

タバコは中毒性もあるため、止めるとなると期間や時間もかかり、とても根気が必要です。

禁煙外来や、家族で協力して禁煙を心がけていきたいですね。

これから出産や、妊娠を考えている女性の皆さんには是非行ってみて下さいね!

 

浦和の歯科医院で一般歯科、小児歯科、矯正歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまでお問合せ下さい。

トップへ戻る