痛みを緩和した治療|浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニック

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン治療例

インビザライン日記

インビザラインファースト

痛みを緩和した治療

なるべく痛みを抑えた歯科治療のご提案

なるべく痛みを抑えた歯科治療

歯医者さんに行きたくないという方は少なくないでしょうが、当院ではそういう方にこそご来院いただきたいと思っております。歯医者さんへ行きたくないのは、痛みや恐怖があるからではないでしょうか。浦和もちまる歯科では、そういった方々へ痛みに配慮した治療をご提供しており、多くの方からご好評をいただいております。なぜ痛みが緩和しやすいのかということを8つに分けてご説明致します。全治療工程において、全くの完全無痛は難しいですが、できるかぎり痛いのは避けたいという方は、ぜひご覧ください。

無痛治療の8つの工夫

8つのなるべく痛みを抑えた歯科治療

浦和もちまる歯科には、歯科治療に伴う痛みを低減するための8つの工夫があります。個人差があるにせよ、比較的痛みを軽くすることのできる治療は、痛みが辛い、怖いという方にお勧めしたく思います。

① 麻酔を塗った上での注射

表面麻酔

歯科治療では歯肉に麻酔注射を打つ場合があります。これは注射ですから痛みが生じるものですが、当院では予め歯肉に麻酔を塗ることで表面を麻痺させ、その上で注射を行います。これによって針で刺される痛みをほとんど感じずに済みます。

② 注射針にも極細タイプを使用

極細の注射針

当院では「33ゲージ」という、歯科麻酔針の中でも最も細い径のものを用いております。それだけ細い針ですので、注射した際にも痛みを感じにくくなります。

③ 温めた麻酔液で温度差をなくす

麻酔液

冷蔵保存されている麻酔液をそのまま用いてしまうと、温度差による刺激が痛みとなって感じられる場合があります。当院ではウォーマーで人肌まで温めた麻酔液を用いることで温度差をなくし、注入した際の痛みを和らげます。

④ 電動麻酔によって注入量を調整

電動麻酔器

手動で麻酔液を注入すると、時に麻酔液が少し多めに入ってしまい、その圧力によって痛みが感じられることがあります。そこで当院では電動麻酔器を用いることで注入量を調整し、圧による痛みを与えないようにしております。

⑤ 視野を拡大して削る部分を抑える

視野拡大機器

治療時に拡大鏡を用いて視野を広げることで、歯の削り過ぎリスクを低減させることが期待できます。このように低侵襲治療を行うことで、身体に加えられる負担を減らすのです。削る部分が多くなれば痛みも生じやすくなりますので、低侵襲な治療は痛み緩和治療とも関わります。

⑥ 高速回転する切削器を用いた治療

5倍速のコントラ

歯を削る際のチュィィンという甲高い音は、それだけで恐怖や痛みを倍加させるものと思われます。当院では5倍速コントラという、通常よりも5倍の高速で回転する切削器を使用することで、歯を削る際に生じる音や振動を軽減しております。これによって威圧感の少ない治療ができるのです。

⑦ 麻酔針の刺し方にも一工夫

麻酔針の刺し方

麻酔針をどのように刺すかも痛みに影響します。歯肉に圧力が掛かり過ぎると、それは痛みとなって感じられるので、針を粘膜に当てるような刺し方をして痛みを和らげます。

⑧ 痛みを感じる前の予防歯科

予防歯科

虫歯や歯周病になってから治療を始めるより、健康な段階で病気を予防するほうが、病気による痛みも治療による痛みも感じずに済みます。当院では予防歯科の考え方を重視しており、定期的な検診やクリーニングを推奨しております。

さいたま市浦和区で極力痛みが少ない歯科治療を希望される方へ

痛くなりづらい歯医者さん

このように浦和もちまる歯科では、できる限り痛みを抑えた歯科治療を心がけております。全く無痛は不可能ですが、歯科医院や歯科治療に抵抗感のある方からも「思ったより痛みがない!」とお喜びの声を多数寄せられております。

早期の治療により、さらに痛みは少なくなりますので、ご受診はお早めになさることをお勧め致します。少しでも痛みや恐怖を和らげるよう取り組んでまいりますので、どうぞご安心ください。

トップへ戻る