ブラックトライアングル。|浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニック

新型コロナウィルス対策について

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン治療例

インビザライン日記

インビザラインファースト

ブラックトライアングル。

投稿日:2020年5月19日

カテゴリ:未分類

 

こんにちは、浦和もちまる歯科のスタッフです。

最近他院での矯正治療の患者様にブラックトライアングルについてご相談を受けたので今日はそのことについて書いていきます。

 

成長発育完了後の成人の方の矯正治療ではブラックトライアングルという歯と歯の隙間が生じることがあります。

なぜブラックトライアングルはできてしまうのか?

 抜歯や外科的手術、矯正歯科治療で減少した骨量の回復や断絶されたバイオロジックスプリント*の回復に長期間かかること、それに加えて加齢変化による歯周疾患や歯槽骨の吸収もあります。  *歯の安定因子/移動因子/骨吸収や添加のコントロールをする因子

 そうすると骨が吸収された状態のまま回復しないうちに、バイオロジックスプリントは新しいバランスを求めて収縮します。

 バイオロジックスプリントは歯の移動因子となりますが、同時に骨量を左右する因子として作用もしてしまうということになります。

 つまり骨の修復は制約されてしまい、骨の吸収量が多い場合は骨のレベルが下がりブラックトライアングルに繋がっていってしまうというわけです。

 

 

 また下顎前歯部の叢生(がたつきが酷いこと)の矯正ではもともと歯間三角部の歯肉の量が少なくなっているので叢生が改善されると本来の歯間の状態になり歯肉の量が当然不足するのでブラックトライアングルができやすくなります。

 

ではどうしたらブラックトライアングルは防ぐことができるのでしょうか?

次回そのことについて書いていきますね!!

 

 

その他お口の中の疑問やお悩みなどなんでもご相談ください。

ご予約はお電話かホームページ(初めての方のみ)までお願い致します!!!

トップへ戻る