詰め物や被せ物の種類、何が違うの?|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

詰め物や被せ物の種類、何が違うの?

投稿日:2018年4月9日

カテゴリ:未分類

こんにちは!

 トリートメントコーディネーターの仲村です!

 

スギ花粉のピークが過

ぎたと思ったらヒノキ花粉。。。

花粉症のアレルギーはとても辛いですね、花粉症のお薬はお口が乾きやすいものが多いので、

しっかり水分をとるようにしてくださいね!

 

それでは、本日の内容です!

 

詰め物や被せ物の種類何が違うの?

 

歯医者さんで虫歯を取り除いてもらった後、”詰め物(被せ物)はどうしますか?”と

聞かれた事はありませんか?

その際色んな詰め物(被せ物)の種類の話を聞いた経験のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

現代の歯科治療では、保険診療内の銀の詰め物以外にも様々な種類があります。

 

まず、詰め物と被せ物の違いについてお話します。

 

詰め物とは?

詰め物タイプの物を歯科では”インレー”もしくは”アンレー”と呼びます。

このタイプの詰め物は、虫歯が出来た際、神経までは進行していないものの、

象牙質という歯の組織まで虫歯が進行してしまった時に使われます。

または、虫歯の範囲が広かった際にも使われます。

 

インレータイプの詰め物の種類

 

従来の保険診療内の銀の詰め物

従来の保険の詰め物ですと、上の画像のような詰め物が入ります。

見た目も少し目立ちますが、それだけではなく

銀は金属ですので、長期間の使用で少しずつ劣化してきてしまいます。

お口の中で少しづつ溶け出し、銀イオンという物質になります。

そうすると銀歯と歯の間に隙間が出来、虫歯菌や汚れが詰まりやすくなることで虫歯が再発することがあります。

その為、保険内で銀歯を利用される際は、約3年程で詰め替えるのが推奨されています。

他にも金属アレルギーの心配などもありますので、利用される時は歯科医師とも相談しましょう。

ですが、費用面に関しては、保険がきく分抑えることが出来ます。

 

 

白い詰め物

詰め物には、自由診療にすることで、歯と同じような色の詰め物を利用することが出来ます。

白い詰め物の種類

 ・ハイブリッド   セラミックとプラスチック樹脂を合わせた物

           白い詰め物の中でも比較的費用が抑えられますが、

           長期間の使用で着色が起こります。

           強度面もさほど強くない為、咬みあわせや歯ぎしり等がある方は

           歯科医師と相談をしてからの利用がオススメです。

 

 ・セラミック    セラミック100%の物

           着色せず、長期間きれいに使用できます。  

           素材自体は、お茶碗のような瀬戸物に近い素材の為、

           強い衝撃で稀に割れてしまうことがあります。

           

 ・ジルコニア    人口ダイヤモンドと言われる程強度のある物

           詰め物の中で最も強度のある素材です。

           歯よりも強度があるので、割れる心配はありませんが、

           咬み合わさる側の歯へ影響がある場合があります。

 

 ・その他      金の詰め物も場合によっては使用します。

           色見は目立ちますが、歯との相性がとても良く、

           硬さも歯と近い為、歯ぎしり、食いしばり、咬み合わせが強い方に

           使用されることがあります。

 

 

次は被せ物についてです。

被せ物はクラウンと呼びます。

 

被せ物の種類

 

 

従来の保険の被せ物

銀を使用されている物が殆どですが、前歯に関しては表面はプラスチック樹脂、

裏側が銀のものになります。

特徴に関しては詰め物タイプとほぼ同じです。

 

 ・メタルボンドクラウン    裏側が金属で表面がセラミックの被せ物です。

                セラミックでは、足りない強度を金属で補うタイプの被せ物です。

                咬み合わせが強い方などにオススメです。

 

 ・セラミッククラウン    全体が100%セラミックで作られておりとても審美性に優れています。

               詰め物タイプでも記載した通り、強い衝撃には弱い為、

               咬み合わせが強い方が使用する際は、

               マウスピースなどを利用する事があります。

 

 ・ジルコニアクラウン    審美性と強度を兼ね備えた被せ物です。

               詰め物タイプでも記載した通り

               強度が歯よりも硬い為、咬み合わせの歯へ影響を与えないように

               こちらもマウスピースを利用する事があります。

 

 

少し詰め物や被せ物についておわかりいただけましたでしょうか?

詰め物や被せ物は歯科医院によって使われている種類が違いますので、

歯科医師の先生と相談しながら決めていきましょう!

 

 

浦和で詰め物の詰め替えが出来る歯科医院をお探しの方は、浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックまでご連絡お待ちしております。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る