詰め物の材料の違いについて|浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニック

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン治療例

インビザライン日記

インビザラインファースト

詰め物の材料の違いについて

投稿日:2019年10月23日

カテゴリ:未分類

 

こんにちは。 浦和もちまる歯科のスタッフです。

 

 

今日は詰め物の違いについてご説明します。

皆さんがよく目にする銀色の詰め物は保険の詰め物になります。 メタルインレーと呼ばれるもので強度が強くて安価です。

しかし、見た目が良くないのと経年的に金属が溶け出し、2次虫歯や歯茎の変色、金属アレルギーのリスクが高いです。 海外では使用しない国が多くなってきています。

 

保険外の治療になりますが、当院では見た目が美しく、虫歯リスクの低いお素材もご用意しております。 近年、よく目にする機会も増えてきたオールセラミックやジルコニアなどです。

オールセラミック、ジルコニアは永久的に変色しません。メタルフリーなのでアレルギーの可能性も低いです。 ただオールセラミックは、ジルコニアに比べ強度がやや劣るため、大臼歯などに使うと割れてしまうことがございます。 かみ合わせが強かったり、食いしばりがある方はジルコニアをおすすめしています。

 

また当院では、セラミックインレー、ジルコニアインレーのほかに、《ハイブリットインレー》というものをご用意しております。 セラミック、ジルコニアは少々高価ですがハイブリットインレーは、セラミックにプラスチックを混ぜて作られているものなので、当院では人気のあるお素材となっております。 プラスチックが入っているため、経年的に着色がありますが銀歯に比べ、白いのももちろんですし、2次虫歯や歯茎の変色、金属アレルギーのリスクが低いです。

白い歯に興味がある方は、当院に一度ご相談にいらしてください!

 

さいたま市の歯科クリニックをお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまで       お問合せ下さい。

トップへ戻る