口呼吸の癖で歯並びが悪くなる可能性!?|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

口呼吸の癖で歯並びが悪くなる可能性!?

投稿日:2017年12月25日

カテゴリ:未分類

~ ☆Merry Christmas☆ ~

 

こんにちは、トリートメントコーディネーターの仲村です。

素敵なクリスマスをお過ごしでしょうか。

私の家にも小さなプレゼントをサンタが用意して下さいました!

毎日の小さな幸せを大切にしていきたいですね。

 

 

本日は、呼吸のお話です!

無意識に行っている呼吸ですが、皆さんはいかがですか?

お口で呼吸をされていませんか?

本日はお口で呼吸をすることで起こりうる健康上の弊害についてお話していきます!

 

 

口呼吸の癖で歯並びが悪くなる可能性!?

 

大人の方もお子さんも普段静かに息をしている様子を少し観察してみて下さい。

呼吸の呼とは息を吐き出すことを呼びます。吸はもちろん吸うことになるのですが、この時口を閉じて呼吸が出来ているようであれば何も心配はありません。

 

例えば、走ったり、スポーツをした後などに口で息をするのは当たり前のことなのですが、ですが、眠っている時に口で息をしているようであれば、できるだけ早い時期に呼吸の仕方を見直しをおすすめします。

 

哺乳類の中でわたし達人間だけが、言葉の獲得と引きかえに、口で呼吸することを覚えました。

口呼吸は、文字通り人間独特の不自然な癖なのです。

口呼吸の癖があると、様々な健康上の弊害を起こしてしまう可能性があります。

そうは言っても、子どもの時からの癖やお子さんは好きで口呼吸をしている訳ではありません。

口呼吸のきっかけ離乳期にあると言われています。

鼻の病気があったかもしれません。ですが、それはあくまでもきっかけに過ぎません。

口呼吸の原因は、鼻炎などによる鼻づまりにあると考えられがちですが、反対に口で呼吸する習慣や癖が鼻炎を起こしやすくしている側面があります。

 

鼻炎と口呼吸は、どちらが原因と言えるような単純な関係ではなさそうです。

お話をしていない時はお口を閉じるようにする、それだけでも効果はあります。

 

 

___________________________________

~ 口呼吸の習慣や癖が起こす可能性がある健康上の弊害 ~

___________________________________

 

①喉の風邪を引きやすくなる

②いびきがひどくなる

③扁桃肥大になりやすい

④呼吸が浅く、胸式呼吸になりやすい

⑤歯肉が炎症を起こしやすくなる

⑥舌の位置が低位置になりやすい

⑦舌の位置が低位置になることで顔の形や歯並びへの影響が出やすい

⑧下顔面がしまりのない間延びした顔になりやすい

⑨上顎(口蓋)の成長が悪くなりやすい

⑩舌が下がって滑舌が悪くなりやすい

___________________________________

 

よく噛んで食べる習慣をつけよう!

 

食べ物をよく噛むことは、とても良いことです。

よく噛むと、顎の成長がよくなり歯並びもよくなります。

それはよく知られていることですが、もう1つ良いことがあります。

よく噛むことは肥満を防止します。

よく噛むと筋肉や歯根膜の運動が刺激となって、能で神経ヒスタミンがつくられます。

この神経ヒスタミンが、満腹中枢に働きかけて満腹感を感じます。

同時に、交感神経に働いて新陳代謝を活発にして、エネルギー消費を高め、内蔵脂肪を分解する作用があります。

 

早食いの習慣は、食べ物を味わえないだけではなく肥満通じる。

さらに、病気の予防効果も高いと言われています。

防腐剤や酸化防止剤、着色剤など工業化された食品には、様々な食品添加物が使われています。

この食品添加物の安全性を調べる試験のひとつに変異原性の試験があります。

細菌が突然変異を起こす確率で発がん性を推測するものです。

この試験で、発がん物質の横網とされているのが、ベンツピレン、ニトロキロニン、カビ毒のアフラトキシン、トリプP1、P2と言われる物質です。

ベンツピレンやトリプは、肉や魚の焦げに含まれる物質ですが、どれもタバコのヤニの倍以上の発がん性を持っています。

ところがこの発がん物質の横綱たちを唾液で処理すると、その発がん性は30分の1から10分の1に下がると言われているのです。

唾液が消毒をしてくれているのです。

魚の焦げもよく噛むと発がん性はほとんどなくなるのです。

 

よく噛んで食べると、食中毒発症防ぐことができます。

胃酸はとても強い強酸で、少ない菌であれば殺菌をすることが出来ます。

よく噛んで、どろどろになっていれば胃の中で無毒化されます。

丸飲みの癖がある方だと、胃酸も不十分になり、食事中に水分を多く取りがちです。

食事中に多くの水分をとると胃液が薄まって、殺菌作用が低下してしまいます。

同じ食事をしていても食中毒を起こす人とそうでない人がいるのはこのような事も関係しています。

 

そればかりではなく、よく噛まない習慣があることで精神的な障害を生む可能性も指摘されています。

 

 

 

普段何気なく行っている呼吸や、噛むということが様々な健康に関連していましたが、皆さんはいかがでしょうか?

普段の生活を振り返ってみて、直していきたいですね!

 

 

浦和の歯科医院で一般歯科、小児歯科、矯正歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまでお問合せ下さい。

トップへ戻る