口臭の原因って?|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

口臭の原因って?

投稿日:2018年10月30日

カテゴリ:未分類

こんばんわ

トリートメントコーディネーターの仲村です。

 

本日は、乾燥の時期に特に気になる口臭のお話です!

 

口臭の原因って?

 

口臭の原因には大きく3つあります!

 

①虫歯によるもの

 虫歯は、虫歯の菌が食べ物の磨き残しを栄養にして歯を溶かす酸から出来ます。

 歯磨きが不十分で汚れが残ってしまい、歯石や食べ物が歯に沢山付着していると、虫歯の菌が繁殖し

 歯を溶かす酸が増えてしまい虫歯になりやすくなってしまいます。

 虫歯ができると、歯に穴が空き、歯磨きや歯間ブラシ、デンタルリンスなどで清掃がしにくくなってしまいます。

 そういった部分は、食べ物の磨き残しが除去できない状態となり、それが腐敗して匂いのあるガスを

 出してしまうのです。

 特に奥歯の間や親知らずの周り、治療済みの詰め物・かぶせ物の隙間などに虫歯ができてしまうと、

 自分では食べカスの除去がとても難しくなってしまいます。

 

②歯周病によるもの

 歯周病は、初期においては痛みもなく自覚症状もありません

 ですが、放っておくと静かに進行する病気です。
 一見して、何でもないようでも、歯磨きをした時など、ちょっとした刺激で容易に出血をするようになり、

 病気が進行すると歯ぐきからの出血に膿が混じってくるようになり、口臭がどんどん酷くなっていきます。

 

③ドライマウス

 ドライマウスとは唾液が不十分で口が乾燥している状態のことです。 
 口や喉、唇の乾きを感じる、夜間に口が乾いて目が覚めることがある、パンやビスケットなどの乾いた食べ物が飲み込みにくくなる、入れ歯が合わなくなるなどの症状や、乾燥状態が続くことで口の中がピリピリし、舌に痛みが生じることもあります。
 
 日本人の4人に1人が該当するとも言われていますが、ドライアイなどに比べると認知度が低く、

 治療が可能なことを知らない方も多いようです。

 ドライマウスの多くは原因を除去すれば改善すると言われています。
 
 糖尿病などの病気が背景にあれば病気の治療を、薬の副作用によるものであれば薬を変更したり、減らしたりという対応を行います。

 唾液分泌低下が原因なら、唾液の分泌に関わる副交感神経を刺激する薬を処方する場合もあります。

 

何故ドライマウスになると口臭などの症状になるのか、それは唾液の働きが関わっています。

唾液には次のような働きがあります。

◆抗菌作用
唾液に含まれる「ラクトフェリン」などの抗菌物質が虫歯菌や歯周病菌の侵入を妨げ、増殖を防ぎます。

◆歯の再石灰化作用
食事で口の中は酸性になり歯の表面のミネラルが溶け出されますが、唾液があると元に戻り、虫歯を予防します。

◆浄化作用
唾液は口の中の細菌や食べかすなどを洗い流してくれ、口臭の予防に役立ちます。

◆消化作用
唾液に含まれる酵素「アミラーゼ」が食べ物の消化を促進して、吸収しやすくします。

◆潤滑作用
口腔内の粘膜を潤し、発声や食事をしやすくします。

◆味覚作用
唾液が食品の成分を溶かして、味を感じやすくします。

ドライマウスになるとこれらの多彩な唾液の働きが上手く機能せず、虫歯や歯周病、口臭の原因を作ることになります。

逆に唾液をたっぷり出せる人はお口のトラブルを予防できる健康な人と言えるでしょう。

 

浦和で一般歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックまでお気軽にご連絡下さい。

 

 

トップへ戻る