くさび状欠損の原因と治療|浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニック

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン治療例

インビザライン日記

インビザラインファースト

くさび状欠損の原因と治療

投稿日:2019年9月29日

カテゴリ:未分類

こんにちは、最近は暑さが落ち着いてきましたね。

とても過ごしやすくなってきたと思います。

本日は、歯ぎしりや食いしばりによって起こる歯への影響のお話です。

 

 

くさび状欠損ってなぁに?

くさび状欠損と言われる症状を皆さんご存知ですか?

くさび状欠損は、多くは、糸切り歯の唇側や小臼歯のほっぺた側の歯と歯ぐきの境目の部分がで摩耗して抉れて出来た欠損のことを言います。くさび状欠損が生じると、象牙質という黄色い歯の組織が露出することが多く、歯磨きの時に痛みを感じたり、進行すると知覚過敏の症状を伴うことがあります。

くさび状欠損の原因は、

①硬い歯ブラシで研磨剤と言われる歯磨剤を多く使用することによる、歯と歯ぐきの境目付近の薄いエナメル質が摩耗してしまうこと。

②歯磨きの時に大きな力でゴシゴシと横磨きなどを行うことによる歯と歯ぐきの境目付近のエナメル質、象牙質、セメント質が摩耗してしまうこと。

また、噛む力の強さも歯と歯の境目の欠損の原因の一つとされています。

特に歯ぎしりなど、噛む力の強さによって歯と歯の境目の歯質が破壊され、歯と歯の境目の歯質欠損が起きるとも考えられています。

これはアブフラクションとも呼ばれ、歯周病による歯肉退縮がセメント質を露出させることも楔状欠損の発生に関与しているといわれています。

~ くさび状欠損と歯ぎしり ~

顎の痛みや頭痛は歯ぎしりや食いしばりからかも!?

歯ぎしりは夜眠っている間に起こることが多い為、中々自分自身では気づきにくい症状です。

食いしばりは、何かに集中している時や、力仕事をされている方、強いストレスからと原因は様々です。

朝起きて顎が痛かったり、肩がこっていたり、頭痛がする、そんなことはありませんか?

それはもしかしたら歯ぎしりや食いしばりが原因かもしれません!

歯ぎしりや食いしばりは、意欲や警戒心がかなり強い性格の人や、日常生活で高レベルの不安やストレスを抱えている人に発生率が高いので、歯ぎしりや食いしばりは、心理的要因と関係性があると言われています。
歯ぎしりは眠りが浅いときに起きやすい事から心理的な要因が眠りを浅くしている事から歯ぎしりや歯の摩擦につながると考えられています。

いかがでしたでしょうか?

さいたま市の歯科クリニックをお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまで       お問合せ下さい。

トップへ戻る