しっかり守って、楽しいおやつ!|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

しっかり守って、楽しいおやつ!

投稿日:2018年1月15日

カテゴリ:未分類

こんにちは!

トリートメントコーディネーターの仲村です。

寒い日が続き、布団が恋しい毎日です...。

1月は日本で平均気温が一番低い月と言われますが、本当朝晩だけでなくお昼も寒いですね。

ホッカイロや、マフラーも必需品ですが、私のおすすめは、マスクですね!

すっごく温かいですし、風邪予防や口腔乾燥も予防出来ますので是非使ってみて下さいね!

本日は、おやつを食べる時のルールや食べた後の虫歯対策についてのお話です。

以前に虫歯になりやすいお菓子、なりにくいお菓子のお話をさせていただきましたが、

本日は、食べ方、食べた後のケアについてもお話出来たらと思います!

 

しっかり守って、楽しいおやつタイム!

おやつはお子さんにとって、一日のなかでもっともワクワクする時間です!

 

 「あれも食べたい!これもほしい~!」「好きだから毎日食べたい~!」

どんなにお子さんがかわいくても、こんなわがままに付き合ってしまうと、 楽しいおやつタイムが虫歯をつくる原因になることも……。

ママ・パパがルールを作ってあげて、楽しいおやつタイムにしてあげましょう!

 

 

①おやつタイムを決めましょう!

毎日のおやつの時間を決めて習慣づけてあげると、お子さんも自然に 「おやつは○時に食べるもの」と認識して、だらだら食べることが なくなります。まだ食べているから……とずっと食べさせていると、 好きなだけ食べてしまい虫歯になりやすいお口になってしまいます。 おやつタイム以外は、お子さんの手の届かないところにおやつを しまっておくのもポイントです!

 

②食べる前におやつの成分をチェク!

おやつに含まれている成分によっては、虫歯リスクが高まることがあります。虫歯や歯周病の原因菌は糖分をエサにして増えていくので、砂糖をあまり使っていないおやつがおすすめです。

 

③おやつの後は正しくブラッシング!

お砂糖を含んだおやつを食べると、だ液がアルカリ性から酸性に傾き、 虫歯菌がいつもよりも活発に動きます。食後3~10分が虫歯菌の活動が もっとも盛んになるので、このタイミングでのブラッシングが大切です。 また、ガムやキャラメル、あめなど粘着力のあるおやつは歯のすき間に 詰まりやすいので、仕上げみがきでしっかり落としてあげましょう。

 

④歯応えのあるおやつも!

誰でも、ケーキやプリンなどのやわらかいおやつはとっても大好きですよね、私もそうです!

ですが、やわらかい食べものだけではアゴの発育を妨げてしまい、大人の歯が生えそろうスペースが足りず、歯ならびが悪くなることも……。

そのため、おせんべいや昆布、いりこなどの固いものもあげるようにしましょう。よく噛むことでだ液の分泌量が増えると、お口のなかが殺菌されて虫歯になりにくいというメリットも得られます。甘いおやつに慣れてしまったお子さんには、甘さもあり、ほどよい固さがある干しぶどうなどもおすすめします!

唾液には、沢山の作用があるので、唾液の分泌を促すおやつや食事は積極的に摂りたいですね!

 

 

~~~~~~~~~~~~~~唾液の作用~~~~~~~~~~~~~~~~

①洗浄作用

口腔内の細菌や食べかすを洗い流します!

 

②歯の保護作用

唾液に含まれるタンパクで保護作用の働きをします!

 

③歯の再石灰化

溶け出したカルシウムやリン酸を補い、戻そうとします!

 

④免疫作用

唾液の中の口腔内細菌に対して様々な防御作用を示します!

 

⑤抗菌作用

様々な抗菌物質により、細菌の発育抑制します!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ママが出来る、お子さんの虫歯予防!

お子さんの虫歯予防で大事な事は、

・虫歯の原因菌になるミュータンス菌に感染させないこと

・ミュータンス菌の数を減らし、悪さをしない善玉菌を増やすこと

これが大切です。

 

ある研修では、生後3ヶ月のお子さんがいるママに生後3ヶ月から2才までの期間にキシリトールのガムを噛んでいただくグループと、そうでないグループとで、虫歯菌の細菌レベルを調べる研究が行われました。

出産後ミュータンス菌が沢山いるママのお子さんの口腔内には、多くのミュータンス菌が見つかり、キシリトールのガムを噛んでいたママのお子さんの口腔内には、虫歯菌は少ししか見からなかった。という研究の結果も出ています。

多くのママは、自分はこうだけど子供は、とおっしゃる方が多くいらっしゃるのですが、

お子さんだけではなく、ママやパパ、ご家族全員の口腔内の健康が必要です。

虫歯の原因菌であるミュータンス菌を減らすには、キシリトールが有効とされています。

虫歯菌が減ると家族間での虫歯菌の感染が減り、虫歯にもなりにくくなります。

ですので、お子さんだけでも...というママのお気持ちも最もなのですが

ご家族皆さんで、是非予防を行って下さいね!

浦和の歯科医院で矯正歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまでお問合せ下さい。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る