歯の根っこの治療って何で時間がかかるの?|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

歯の根っこの治療って何で時間がかかるの?

投稿日:2018年2月5日

カテゴリ:未分類

 

こんにちは、トリートメントコーディネーターの仲村です。

 皆さんは歯の根っこの治療をしたことはありますか?

歯の根っこ治療は、治療を始めてから1ヶ月はかかると言われています。

どうしてこんなに時間がかかるの?痛みもないのに・・・と思う方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、根っこの治療こそ、時間をかけてしっかりやった方が良い治療なんです!

 

本日は、そんな根っこの治療についてお話します!

 

歯の根っこの治療って何で時間がかかるの?

 

そもそも、根っこの治療とは??

歯の根の中の神経や血管などを総称で歯髄と呼びます。歯髄が通っている管は根管と呼ばれています。

歯髄は歯の根っこの先から歯の中に入って、歯の成長に重要な役割を持っています。 ですが、大人になり歯が成長した後は、歯髄がなくても根っこのまわりからの栄養供給によって歯は生きています。

歯の根っこの治療である根管治療は、歯髄が炎症や感染を起こした時に行う治療です。

原因は主に深い虫歯や歯の破折や外傷などです。炎症や感染をそのまま放置してしまうと、 歯が痛んだり、根っこの周りの組織に炎症が広がり歯肉が腫れたりします。

場合によってはリンパが腫れたり発熱したりと全身的にも影響が出ることもあります。 根管治療によって、こういった症状を軽減させたり、治癒したり、予防したりします。

根管治療では、痛んだ歯髄を取り除いて、根管を注意深く清掃して再度の感染を防ぐために根の中に薬の入った詰め物をします。歯髄を除去する治療を抜髄と呼びます。 また、以前に根管治療を行った根っこが再び感染してしまった時にも、根管治療を行います。

この時の治療法は、感染根管治療と呼びます。

 

根っこの中の神経にはある程度の抵抗力がありますが、神経が狭い空間に入っていて、 神経が根っこの中に入って来る部位が狭く血管が豊富でないことから、 一度神経に炎症が生じてしまうとそのまま死んでいいってしまうことが多いのです。 酷い痛みがあったり、神経の穴が見えてしまうくらい大きな虫歯があったりすると神経をとる処置をしないといけない場合があります。

痛んでいた歯の神経が死んでいくと、一時的に痛みは和らぐので、一般的に言われるような症状とは合わないことがあります。

 

根っこの先に膿の病巣が出来る!?

口の中から歯の根っこに細菌が入って増殖すると、根っこの先の歯髄の入り口を通って身体の中に細菌が広がります。

細菌などが入ってくると身体は、免疫反応が出ます。 最近感染が強い場合には比較的早期に腫れたり痛みが出たりします。 ですが、根っこの中の細菌感染は、身体に対して弱い慢性的な刺激となることが多いので、 身体は内部に細菌が入ってこないように堤防のような防御帯を作ります。 これが根っこの先にできる病気根尖病変と呼ぶ膿の袋がレントゲン画像で確認されます。 根っこの先の周りの骨が溶けだしてきてしまうのでレントゲン写真では黒く写ってきます。 多くの場合は病気の初期の段階では症状はありません。原因は根っこの中の細菌などの感染なので、 根っこの中を掃除する根管治療が必要になります。

根っこの先に出来た病巣は100%治るとは限らない!?

根っこの先に出来た病気の原因は、根管の中の細菌で、根管治療ではそれを取り除く治療を行います。

ですが、歯の根管はまっすぐな管ばかりではなく、曲がっていたり、枝分かれしていたりすることがあります。

一度細菌に感染してしまった根管を完全に無菌化することは非常に難しいのです。

また、根っこの先が溶けてしまい根っこの表面に細菌が住み着いてしまう状態になることもあります。

この状態では根管からの掃除では細菌を取り除くことができず、 その他の様々な原因で、一度症状が治まっても再発する場合もあります。 根っこの先に病気のある歯の根管治療の成功率は、60~80%程度とされています。 その為、確実に治るとは限らないという表現になってしまうのです。

 

根管治療はとっても大切!!

 虫歯によって破壊された歯であっても根管治療を行うことで、 元の歯と同じく咬む力に耐えて、永く機能させることができます。

根管治療後の経過が芳しくない場合には、被せた被せ物や義歯も全て歯を台なしにしてしまいます。

 この様な事態を招かないように根管治療では、痛みや、歯肉の腫れ、 歯の外観を注意深く診察し、さらにレントゲン写真による診査、細菌感染の状態を知る為の診査など、 必要と思われる事柄を全て調べます。 その結果をもとに病状の原因となる歯の根っこの中心を通る細い管“根管”の処置を行います。

根管は直経1mm以下ととてもに細く、硬くなった部分や彎曲している場合もあります。

根管治療ではこれら根管に対して、 小さな器具を完全に通過させ清掃して、形態を整える非常に高度な作業が行われます。

質の高い治療を提供するためのトレーニングと、 高度な技術が必要になります。

根管の治療が不完全であったり、新たな細菌感染や損傷が起こった場合は、 再治療が必要となります。

ですが、現在の治療技術を持ってすれば、 90%以上の確率で歯を救う事が出来ます。

「歯を残す」ということは、とても大切です。

そして、健康であることを一本の歯が教えてくれます。

 

 

いかがでしたか?

歯の根っこの治療をしている時は、なるべく継続して定期的に歯科に通いましょう!

 

浦和の歯科医院で矯正歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまでお問合せ下さい。

トップへ戻る