予防歯科・歯周病治療|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

予防歯科・歯周病治療

防歯科とはどういう考え方?当院の体制について

歯周病治療

予防歯科というのは、虫歯や歯周病の「予防」を最優先に考えた診療科です。昨今では予防医療の意識が日本でも高まりを見せておりますが、歯科においてもそれは例外ではありません。虫歯や歯周病に罹る前に防ぐのを全力で手助けする。それが私たち歯科の役割でもあります。

8020運動とは

平成元年、厚生労働省と日本歯科医師会が提唱して開始された今年30周年を迎える運動です。「80」は80歳、「20」は20本、つまり80歳になっても自分の歯を20本保とうという取り組みです。親知らずを除く成人の歯の数は、28本になります。このうち少なくとも自分の歯が20本残っていれば、しっかり租借ができ、おいしく食事をいただくことができます。

8020運動実施当時、8020を達成している高齢者は非常に少なく、10人に1人にも満たない状況でした。それが8020運動の普及・認知により、平成28年には達成者が5割を超えるまで向上しました。8020を達成するにはどのようなことを行えばよいのでしょうか。

大切な口腔ケア

歯を失う主な原因として、虫歯、歯周病、外傷などが挙げられます。この中で普段から予防を行えるのが、虫歯と歯周病です。30代以降、歯の喪失の原因として、虫歯と歯周病が半数以上を占めています。虫歯や歯周病は、日頃の生活習慣により進行します。特に、普段の口腔ケアがとても大切になります。

またデンタルフロスを習慣つけるようにしましょう。虫歯や歯周病のほとんどは歯と歯の間から始まります。いくら歯磨きを頑張っても、最も磨かなくてはいけない歯と歯の間はデンタルフロスでしか取ることができません。小さい時からデンタルフロスの習慣をつけておくことが8020運動を達成するために必要です。

歯周病と糖尿病の相関関係も指摘されていて、虫歯や歯周病は、全身疾患にも影響を及ぼす可能性があると言われ、さらに、歯や口の健康は運動にも影響を及ぼすことが分かっています。自分の虫歯や歯周病のリスクを知っておくことも大切です。虫歯や歯周病のなりやすさは人それぞれ違います。すぐに虫歯になってしまう人や歯周ポエットが深い人などは、他人とくらべより注意が必要です。また、病気や年齢によってもリスクは変化します。自分の口の中にどれぐらいのリスクが存在し、それに対応した予防法を行うことが重要なポイントになってきます。

また、歯の噛み合わせが悪いと運動のための正しい姿勢が取れなくなったり、力を入れる際に歯を食いしばることができず強い筋力が発揮できなかったりします。歯や口の健康は運動に影響を及ぼし、運動能力の低下は全身の健康に影響を与えます。健康的に、楽しく過ごすには歯や口の健康がとても大切なのです。

日本人の寿命と歯の寿命はますます伸びていきます。その時自分だけが取り残されないように、自分の歯を守るための知識をしっかりとつけ、8020運動よりもさらに先の目標を目指していければ、歯の悩みは無くなるはずです。

さいたま市浦和区で予防歯科受診をご検討なさっている方は当院へ!

歯周病治療や定期検診

当院は歯の症状の予防に力を入れており、浦和区のみならずさいたま市全域からも多くの患者様が見えられております。ご自身の歯を大切にしたい、年を取ってから後悔したくない、という方は、ぜひ浦和もちまる歯科へご相談ください。

トップへ戻る