親知らずの抜歯|浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニック

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン治療例

インビザライン日記

インビザラインファースト

親知らずの抜歯

実は抜かないほうがいい?親知らずの対処法とは

痛くない親知らずの抜歯

「抜いたほうがいいんだろうか、それとも抜かないほうがいいんだろうか?」口の奥に生えてきた親知らずの対処法、なかなか悩ましいものだと思います。親知らずを放置することによって腫れたり痛んだりといった問題が生じることもありますが、そうでなければ必ずしも慌てて抜く必要はないと当院では考えます。それは親知らずを残しておくことで、いくつかのメリットが生じるからです。

親知らずの移植による欠損歯の補填

将来的な移植の可能性

実は親知らずを残しておくと、親知らずの移植(自家歯牙移植)としてリサイクルできる場合があります。そのため当院では親知らずを軽々に抜くべきではないと考えるのです。親知らずを再利用できる場面というのは、たとえば以下のようなものです。

一般的に、歯を抜いた場合には入れ歯やインプラントという選択が採られることになりますが、親知らずが残っていればその移植や移動が選択肢に入ってくるのです。また人工物の入れ歯やインプラントとは異なって親知らずは天然歯ですから、身体との馴染み具合も高いといえます。

移植できる親知らずについてはご相談を

親知らずの全てが必ず移植できるわけではなく、その形状やサイズ、移植をどこにするかといったポイントに左右されます。

親知らずの移植についてはご来院いただいた上でご相談ください。

それでも親知らずを抜いたほうがいい場合とは

抜くべき親知らず

歯ぐきから少しだけ親知らずが見えており、掃除が難しい時

親知らずが真っ直ぐに生えていない場合、歯ぐきから白い部分が少しだけ見えた状態になって、歯磨きなどが困難になります。この状態を放っておくと虫歯や歯周病となりかねませんので、早めに抜いてしまったほうがいいでしょう。

親知らずが隣接する歯を押すように成長している時

親知らずが上向きに生えていない場合ですと、隣接する歯を押すような形で伸びてしまうことになり、将来の歯並びに悪影響を及ぼす可能性が出てきます。この場合も念のために抜いておいたほうがいいといえます。

親知らずの周辺に膿の固まりが見られる時

口腔内をレントゲン写真で撮った場合に、親知らず周辺に膿の固まりが嚢胞(のうほう)という袋状の影として映ることがあります。この場合も口腔内の衛生上の関係などから抜いておくことを推奨します。

親知らずが成長して歯ぐきなどを傷めている時

親知らずが咬み合わないまま成長してゆくと、そのうち歯ぐきや頬を傷めたり顎関節症の原因となったりする可能性が出てきます。この場合も抜歯の必要性があると考えられます。

親知らずの虫歯が進行している時

親知らずの虫歯が進行し重度の虫歯となっている場合には、無理に根管治療などによって残そうとするより、抜歯してしまったほうがよいこともあります。

親知らずを抜く場合に生じる痛みについて

親知らずの抜歯の痛み

親知らずを抜くときには、相当の痛みを覚悟しなければならないのでしょうか? 実のところ、抜歯時の痛みは麻酔のおかげもあって気にしなくともよいものです。麻酔注射そのものの痛みも、当院では工夫しておりますので大したものではありません。問題は麻酔が切れた後の痛みですが、それについても軽減が可能です。

抜歯に長く時間が掛かれば、それだけ痛くなる?

時間と痛みの関係性抜歯に費やされる時間とその後に生じる痛みは関係性があります。抜くのに長く掛かれば痛みも強くなるのです。親知らずと一口に言っても抜く際の難易度は様々ですので、真っ直ぐに生えていないものや深く埋まっているものなどはどうしても時間が掛かり、痛みが出ることもあります。

ですが、当院では抜歯経験が豊富な歯科医師が極力短時間での抜歯を行いますので、ご安心ください。

カサブタが剥がれる痛み(ドライソケット)について

ドライソケット親知らずを抜くと、そこに生じた穴に血が溜まりカサブタとなって、骨が露出するのを防止してくれます。そのカサブタがうがいやブラッシングなどによって剥がれてしまうと、強い痛みが生じます。この現象をドライソケットといいます。

ドライソケットの痛みは非常に強いので、抜歯後には不用意にうがいなどをせず、安静にしていてください。ご希望される方には、ドライソケットの防止策として人工コラーゲンの注入といった治療も行います。

最初に上の親知らずを抜く理由

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯に限らず歯を抜く事に皆さんも慣れてないため、不安や恐怖を感じる方が少なくありません。そういった不安や恐怖は麻酔の効き目を低下する事もあり痛みが発生しやすい理由にもなります。そこで比較的時間をかけずに歯を抜くことが可能で、さらに術後の痛みも比較的ない上顎の親知らずから処置を行っています。

あまり痛みを感じずに親知らずを抜歯する為に必要な事

①麻酔で使用する針は超極細針を使用

表面麻酔

親知らずを抜く際に使用する麻酔の針は現在発売されている麻酔針の中で1番細い針を使用し痛みを最小限に抑えた麻酔を可能にします。

②麻酔注射をうつ箇所の粘膜を痺れさせる

極細の注射針

親知らずを抜く前の麻酔の痛みを和らげる為に事前に注射針をさす場所の皮膚表面に塗るタイプの麻酔を使い皮膚の感覚を麻痺させます。

③速度を一定に保つための電動麻酔注射

電動麻酔器

親知らずの抜歯に伴いできるだけ無痛で終えて頂くために電動の麻酔器を使い一定の速度で麻酔薬を注入していきます。一定の速度で麻酔を注入する事で注入速度の変化による痛みを和らげます。

④温度差をなくし痛みを軽減

麻酔液

人間の体は外部から入ってきたものの温度差で違和感を感じます。麻酔液を体温と同じ温度にする事で温度差での違和感をなくし痛みを和らげます。

小顔になるために親知らずを抜くのは?

小顔効果

親知らずを抜けば小顔になるのでしょうか。女性の方にとっては気になるところかも知れません。確かに下顎の親知らずはエラの近くにあり、それを抜けばエラも少しは薄くなるとも思われます。しかしこの小顔効果は見た目として表れるほどのものではないと考えられます。他方で親知らずをいたずらに抜くのにはリスクもあるため、余程のことがなければ小顔効果を期待するとの理由での親知らずの抜歯は差し控えたほうがいいでしょう。

さいたま市浦和区で親知らずの診療や抜歯を検討されている方へ

親知らずの診断や抜歯

さいたま市浦和区で親知らずをどうにかしたいとお考えの方は、ぜひ浦和もちまる歯科までご相談ください。当院ではとりあえず抜歯するというのではなく、将来役立てることができそうかどうか、現状のままでいることの不都合はないかといったことを考慮した上で、抜歯すべきかどうかをご提案します。結果として抜歯することになったとしても、その痛みを可能な限り軽減するように致します。まずはご来院いただければ、と思います。

トップへ戻る