親知らずの抜歯|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

親知らずの抜歯

親知らずの痛み、抜歯への恐怖でお悩みの方へ

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯はみんなが抱える永遠の悩みです。親知らずは大人の歯が生え揃う16歳よりも遅くに生えて来る歯です。遅い人では20代半ばまで生えない人がいたりそもそも生えない人もいたりします。遅く生えてくる為にスペースがないことで多くの親知らずがまっすぐ生えて来ません。歯茎の中に埋もれていたり横向きに生えてきたりと何かしらの問題を抱えた歯が多いのが特徴です。

さらに1番奥に生えるため非常にケアがしにくく親知らず自体が虫歯になったり菌が繁殖しやすくなり周りの歯が虫歯になりやすくなったりと問題ばかり起こす歯の代名詞です。さらに抜歯となるとさらに色んな問題があります。まっすぐに生えてる親知らずはまだいい方ですが埋もれていたり横向きに生えてる親知らずの抜歯は腫れや痛みが出やすい傾向にあり抜歯自体がリスクとなります。

近年では麻酔の技術も進歩し痛みを感じずに抜歯が行えますが多くの方が不安を感じているのが現状です。ですが親知らずが理由で口腔内の環境が悪化する場合は抜歯をする事が賢明です。親しらずの抜歯で不安な方は一度歯科医にて相談することをお勧めします。

親知らずの移植による欠損歯の補填

親知らずの移植

まっすぐに生えている健康な親知らずは抜かずにとっておく事で他の歯が抜けた時にインプラントや入れ歯治療よりも確かな治療ができる可能性があります。それは歯が抜けた箇所に親知らずを移植する方法です。

条件が合えば保険診療で行える事ができる歯牙移植は現在あるインプラント治療や入れ歯治療よりも自身の歯を植えかえるいわば歯の引っ越し治療の為親和性も高く歯本来の機能がそのまま残る事が最大の魅力です。歯牙移植は条件があえば誰でも行える為健康な親知らずならば残しておくことをお勧めします。

抜歯をした方がいいケース

抜くべき親知らず

親知らずが原因で定期的に歯茎が腫れるケース

歯茎の腫れは主に細菌の繁殖が理由で起こります。奥歯と言うのは最もケアがしいくい歯で、親知らずに多く見られる斜めに生える、横に生える、歯が全て露出していない。と言った場合、さらにケアがしづらく歯茎の腫れが収まらない事も良くあります。こういった場合に根本的な理由の解決として親知らずの抜歯を促す事があります。

親知らずのケアが不十分で虫歯や歯周病のリスクが高まるケース

虫歯や歯周病は主に磨き残しなどから細菌が繁殖しおこります。歯の隙間や奥歯などは磨きにくい事もあり常に虫歯や歯周病の危険にさらされています。親知らずも例外ではなく磨きにくい為に細菌が溜まり虫歯菌や歯周病菌の温床となる事や親知らず自身が虫歯になったりすることも稀ではありません。このように健康な歯に悪い状態の場合や親知らず自体が虫歯の場合は抜歯を促す事があります。

親知らずが原因で歯並びや噛みあわせに悪影響がでるケース

親知らずは遅れて生えてくる性質上生える時に十分なスペースがなく隣接する歯に負担をかけながら生える事が多く、その場合歯列が乱される可能性が高くこうしたリスクを前もって回避するために抜歯と言う措置を取ることがあります。

患者さんの侵襲を極力小さくするために

親知らずを抜く際に気をつけている事が抜歯を行う順番です。基本は上部の歯や難易度が低い歯を優先的に抜いていきます。その後に下の歯や難易度が高い歯を抜いていきます。初めての抜歯はみなさん不安からか緊張をしている事が多い為極力負担をかけないよう緊急性がない限りはスムーズに抜歯ができる物選んで抜歯を行っています。

最初に上の親知らずを抜く理由

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯に限らず歯を抜く事に皆さんも慣れてないため、不安や恐怖を感じる方が少なくありません。そういった不安や恐怖は麻酔の効き目を低下する事もあり痛みが発生しやすい理由にもなります。そこで比較的時間をかけずに歯を抜くことが可能で、さらに術後の痛みも比較的ない上顎の親知らずから処置を行っています。

あまり痛みを感じずに親知らずを抜歯する為に必要な事

①麻酔で使用する針は超極細針を使用

表面麻酔

親知らずを抜く際に使用する麻酔の針は現在発売されている麻酔針の中で1番細い針を使用し痛みを最小限に抑えた麻酔を可能にします。

②麻酔注射をうつ箇所の粘膜を痺れさせる

極細の注射針

親知らずを抜く前の麻酔の痛みを和らげる為に事前に注射針をさす場所の皮膚表面に塗るタイプの麻酔を使い皮膚の感覚を麻痺させます。

③速度を一定に保つための電動麻酔注射

電動麻酔器

親知らずの抜歯に伴いできるだけ無痛で終えて頂くために電動の麻酔器を使い一定の速度で麻酔薬を注入していきます。一定の速度で麻酔を注入する事で注入速度の変化による痛みを和らげます。

④温度差をなくし痛みを軽減

麻酔液

人間の体は外部から入ってきたものの温度差で違和感を感じます。麻酔液を体温と同じ温度にする事で温度差での違和感をなくし痛みを和らげます。

さいたまで親知らずの診療や抜歯を検討されている方へ

親知らず

さいたま市浦和区で親知らずをどうにかしたいとお考えの方は、ぜひ当院までご相談ください。当院ではとりあえず抜歯するというのではなく、将来役立てることができそうかどうか、現状のままでいることの不都合はないかといったことを考慮した上で、抜歯すべきかどうかをご提案します。結果として抜歯することになったとしても、その痛みを可能な限り軽減するように致します。まずはご来院いただければ、と思います。

トップへ戻る