歯ぐきの変色|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

歯ぐきの変色

投稿日:2018年7月13日

カテゴリ:未分類

こんにちは!

歯科コンシェルジュの中澤です。

今回は歯ぐきの変色についてお話します。

 

最近何となく歯ぐきの色が変わってきた、黒ずみが気になるなど困っている方いらっしゃいませんか?先天性の着色以外なら元のピンクに戻すことが可能です。また、もともと歯ぐきの色がピンクではなく、黒ずんだり色が悪くなったりするのは、喫煙や差し歯、被せ物の影響、歯周病などが原因と考えられます。

◇原因

・喫煙による歯ぐきの黒ずみ

タバコには、ターンやニコチン・一酸化炭素などの有害物質が含まれている為、長時間にわたって喫煙すると、それが歯ぐきに染み込んでしまい黒ずんで見えてしまいます。実は、喫煙による歯ぐきの黒ずみ原因はそれだけではありません。ニコチンや、一酸化炭素には血液を収縮させるため、血流障害が起こって内蔵だけでなく、歯ぐきにも悪影響を与えてしまうのです。

・差し歯や被せ物

保険が適用になる補綴物は、強度が弱く、酸化・腐食しやすいので、長時間使い続けるとどうしても歯ぐきが黒ずんできてしまうのです。

・歯周病による黒ずみ

歯周病になるとまず最初に歯ぐきが腫れるのですが、さらに症状が進行すると歯ぐきの色が赤紫や黒っぽい色に変わっていきます。ここまで放っておくと、何本もの歯を一度に失ってしうことにもなりかねないので1日でも早く歯医者さんに受診しましょう。

◇改善方法

まずは、指で歯ぐきのマッサージをしてみましょう。人差し指を歯ぐきに当てて円を描くように優しくマッサージしてみましょう。毎日1回できれば寝る前にケアをしてあげると歯ぐきの血行がよくなり、少しずつ元のピンク色に近づきます。ただし、くれぐれもやり過ぎには注意しましょう。また、歯ぐきも体の一部と考えて、適度な運動や健康的な食生活、早寝早起きなどなどを実践することで、歯ぐきの黒ずみがかなり改善されることがあります。タバコが原因で黒ずんでいる人は、禁煙をするか本数を減らすことで少しずつ元の色に戻ってくるでしょう。

または歯医者さんで”歯ぐきのホワイトニング”をすることがおすすめです。どうしても自宅で歯ぐきのマッサージをしても限界があります。そこで歯医者さんに受診し治療してもらうのが最も効果的です。これは”歯ぐきのホワイトニング”とも言われていて、歯ぐきに薬液を塗り、歯ぐきの表面に付いているステインや色素を除去する方法です。これを「ガムピーリング」といいます。このガムピーリングを行うことで、その人がもともと持っている歯ぐきの色を取り戻すことができるのです。

歯ぐきのケアにとって欠かせないのがやはり毎日の丁寧な歯みがきです。1日2~3回、歯だけでなく歯ぐきもブラッシングしましょう。例えばお風呂で半身浴しているときにリラックスしながらブラッシングするものいいですね。

少しでも歯ぐきに異変を感じたら、一度歯医者さんで診てもらうことをおすすめします。

浦和で一般歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックまでご連絡お待ちしております。

トップへ戻る