治療終了後のメインテナンスが大事です|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

治療終了後のメインテナンスが大事です

投稿日:2018年2月28日

カテゴリ:未分類

こんにちは、受付の滝本です。

最近、陽が昇る時間が早くなり、陽が落ちる時間が遅くなってきましたね。

朝起きて陽が差し込んでいると、ようやく冬が終わるのかとしみじみ感じています。

楽しみな春ですが、この時期辛いのが花粉症です。。。

毎年冬が終わるのがうれしい反面、少しだけ憂鬱になってしまいますが

規則正しい生活や花粉対策を万全にして乗り切りたいと思っています。

患者様でおすすめ対策がありましたらぜひ教えて頂きたいです!

 

さて、今日は治療が一通り終了したあとのメインテナンスについてお話させて頂きます。

虫歯治療や歯周疾患の治療がいったん終了しても、これで治療が終わったということではなく

得られた健康や治療の効果を維持していただくために、治療を継続して行う必要があります。

これをメインテナンスと呼んでいます。

とくに、歯周治療の場合このメインテナンスが大変重要になってきます。

なぜならメインテナンスを行わなければ、歯周疾患は必ず再発してしまうからです。

さらにメインテンスをおこたってしまうとせっかく治療をおこなった意義をおおきく低下してしまいます。

そのため、治療の最後の段階として欠かすことのできないのが「メインテナンス」なのです。

 

~メインテナンスの重要性~

以前にこのブログでも何度かお伝えさせて頂いてますが、歯周炎と歯肉炎の最初の原因となるのがプラーク細菌です。そのためプラークを完全に取り除いていれば歯肉炎や歯周炎が再発することはないと考えられています。しかし、口腔内にこのプラークがまったく存在しない状態を維持することは不可能であり、プラークを残して時間が経過してしまうと、石灰化して歯石ができてしまい、ふたたび歯肉炎が起こり、歯周炎へと進行してしまう可能性があります。治療がいったん終了して、歯科医にかからず時間が経過してしまうとプラークコントロールは残念ながら低下していく傾向にあります。

そのため、患者様の皆様にはこのメインテナンスの重要性を知っていただき、いったん治療が終了したとしても定期的なメインテンスに来院をお願いしたいと思います。痛くなくなってしまうと、ついつい疎遠になってしまう歯科ですが、痛くなってからの来院になりますと治療が終了するまでの期間も長くなってしまいます。せっかく得た口腔内の健康をぜひ、メインテナンスで維持して頂きたいです。

治療がいったん終了してからメインテナンスで来て頂く時期は、患者様の歯周疾患の進行具合や治療内容によって異なりますが、標準では3ヵ月に1度のペースとなります。重症だった患者様や多数の固定装置や補綴物を装着した患者様などは最初1か月ごとに来院して頂き、その後経過をみて3ヵ月ごとに来院して頂くこともあります。

当クリニックでは治療終了後、3か月後のメインテナンスになった際には、おハガキもしくはご登録いただいているメールにてご案内をさせて頂いており、忘れずにメインテナンスにご来院頂く事ができます。

現在治療中のかた、治療を終えられたかた、これから治療を始めるかたはメインテナンスも忘れずにご来院頂ければ幸いです。

浦和で一般歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックまでお気軽にご連絡下さいませ。

 

トップへ戻る