保険の義歯と自由診療の義歯、違いは?|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

保険の義歯と自由診療の義歯、違いは?

投稿日:2018年3月26日

カテゴリ:未分類

こんにちは!

トリートメントコーディネーターの仲村です!

桜の開花が始まり、すっかり春模様になってきました!

この時期は、入園、入学、卒園、卒業、お花見などのイベントで盛り上がりますね!

新しい生活が始まる前の検診はもうお済ですか?

折角なら万全な状態で始めませんか?

 

 

それでは、本日の内容です!

保険の義歯と自由診療の義歯、違いは?

 

義歯とは?

義歯というのは、失何らかの理由(歯周病や虫歯、歯が割れてしまった、など)で、ご自身の歯が亡くなってしまった時に歯の代わりに使用する取り外しが出来る装置です。

入れ歯の歯はセラミックまたはアクリル樹脂で作られることが多く、歯肉の色と同じピンク色の樹脂の土台で支えられています。

部分義歯もほぼ同様ですが、総入れ歯のようにすべての歯ではなく部分的に一部の歯の代わりとなります。

全ての歯を失くしてしまっている場合には、総入れ歯が必要になります。

義歯によって歯を失う前の姿を取り戻し、自信を持って笑えるようになります。

義歯の土台は本物の歯グキに見えるよう、アクリル樹脂を丁寧に歯肉の色に着色して作られています。

口を開けた時に見える部分は、できるだけ本物に見えるよう研磨されており、入れ歯に細菌が蓄積するのを防いですっきり清潔に保つのに大切な役割を果たしています。

上顎用の義歯も下顎用の義歯も歯肉の上に乗っており、主に吸着力で固定されます。

上顎用の義歯は、口の上側を覆うもので、下顎用の義歯は、舌を動かすことが出来るようにU字型になっています。

 

 

保険の義歯と自由診療の義歯とでの違いは?

 

保険の義歯は、プラスチック樹脂で作られています。

そして強度を持たせる為に分厚めに作られており、人口の歯の部分も色が限られているなど、

あまり融通をきかせることが出来ません。

また、保険の義歯は、審美的にも少し妥協をしなければなりません。

欠損してしまった部分を補う為に前後の歯に金属のバネをかけて固定する為です。

固定する前後の歯に負担がかかるだけではなく、歯にバネをかける為に健康な歯を削らないといけない場合があります。

部分義歯の場合は、固定する歯を掴むように金属のバネをかけるので笑った時やお食事中、金属のバネが見えてしまうこともあります。

 

保険の義歯は、見た目だけでなく日常の生活においても妥協しなくてはならない点があります。

 

①活舌が悪くなりやすい

 保険の義歯は、その強度を保つ為に厚さを持たせています。

 その厚さの為に話しがしにくくなる場合があります。

 

②食べ物の温かさや冷たさが伝わりにくい

 保険の義歯の素材であるアクリル樹脂は、熱伝導性があまり良くありません。

 その為、お食事をしていて温かい、冷たいが伝わりにくいので、お食事が味気なく感じる方も

 中にはいらっしゃいます。

 

 

自由診療の義歯ではどうでしょうか?

自由診療の義歯は、金属やシリコンなどを使用する事が出来、床部分に金属を使うことで、熱伝導と強度が良いために食事が美味しく、割れたり、壊れる心配を感じずに使用することができます。

金属の強度がある分、樹脂で作製するよりも薄く作ることが出来るので、口の中に入れた時の違和感が少ないのが特徴です。

人工歯の部分も、選べる色の種類が保険の場合よりも制限がされておらず、ご自身の持っている歯に合った色で義歯をを作ることが出来ます。

また、審美的に美しい物を作製することが出来ます。

保険の義歯では、金属のバネでかける為、金属部分が見えてきてしまう可能性もありましたが、

自由診療の義歯では、バネの部分を歯肉と同じ色のピンク色の素材で作製出来る義歯もあります。

義歯が入っているとはわからない程なので、女性にはとてもオススメな物になっています。

薄く作れることによって活舌も以前と変わらないくらいにお話しが出来、覆っている部分も薄く上顎側は金属で出来ているので、熱伝導性が良く、お食事の温かさや冷たさも実感することが出来ます。

 

ですが、費用面に関してはどうしても保険の義歯が圧倒的に費用を抑えられます。

これから義歯を作りたい、新調したい、という方は是非参考にしてみてください!

 

義歯は使い始めてから慣れるまでには、時間がかかるかもしれませんが、

義歯をして食べたり話したりすることは最初こそ難しいかもしれませんが、練習することで除除に慣れてきます。

義歯を良い状態に保つために、毎日の洗浄を必ず行うようにしてください。

夜は入れ歯を外し、歯グキを休ませてあげましょう。
使わないときは安全なところに保管してください。

 

 

浦和で義歯の新調が出来る歯科医院をお探しの方は、浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックまでご連絡お待ちしております。

 

トップへ戻る