抜かない・削らない|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

抜かない・削らない

ミニマルインターベンションによって歯を抜かない、削らない

抜かない、削らない治療

浦和もちまる歯科では、今生えている患者さんご自身の歯をなるべく傷つけないようにして残していく「保存治療」に力を入れています。元から生えている歯のことを天然歯といいますが、この天然歯は削ったり抜いたりしてしまうともう再生はしません。そして私たちの身体と最もよく馴染むのは、やはり天然歯なのです。そこで当院の、歯を可能な限り傷つけないミニマルインターベンション(低侵襲治療)についてご説明します。

歯を極力削らないようにするにはどうすればいいのか

できるだけ削らない

虫歯になってしまった部分は削るのが歯科治療の基本です。しかし身体への負担などを考えると、削る部分は最小限に抑えたいのも確かです。そのため当院では4つの取組みによって「極力削らない」治療をご提供致します。

① 視野を拡大することによる精密治療

拡大鏡精密治療

拡大鏡という器具を用いて視野を拡大し、きめ細やかな治療を可能とします。単に削る部分を抑えるというのみならず、病状の早期発見や患部の早期治療にも繋がります。

② 虫歯検知液を用いた正確な判別

虫歯検知液

う蝕検知液という虫歯検知液を用いることで、虫歯になってしまった部分だけをわかりやすく赤く染め上げます。それによって虫歯部分を正確に判別できるので、削らなくてもいい健康な部分を保護することができるのです。

③ 予防治療の大切さ

予防歯科

虫歯になってから迅速、確実な治療を行うのも大事なことですが、虫歯になる前に予防できるなら、それに越したことはありません。当院では歯の清掃や歯科検診といった虫歯・歯周病の予防を定期的に行われるようご提案致しております。

歯をなるべく抜かないようにするにはどうすればいいのか

できるだけ抜かない

歯を抜かないほうがいい理由にはいくつかあります。身体の負担となるため、歯並びが乱れてしまうため、天然歯が身体との親和性の高さでは一番であるため、などなど。どれほど精巧に作られた補綴物でも、天然のそれには敵いません。そこで可能な限り抜歯を防ぐため、当院では4つの治療方法を行っております。

① 自分の歯を移植するという治療

自家歯牙移植

浦和もちまる歯科では、ブリッジ・入れ歯・インプラントといった人工物による抜けた歯の代替の前に、患者様ご自身の歯の移植を検討致します。条件にもよりますが、親知らずなどを移植することで天然歯を活かして咬み合わせを戻すことができるのです。親和性の高いご自身の歯を利用でき、負担も少なくなります。

② 歯根端切除術・再植などに対応

歯根端切除術・再植

歯の根元部分が折れたり膿んだりしている場合に、そのまま歯を抜くことを提案してくる歯科医院も多くありますが、当院では違います。問題となっている歯を一度抜歯して歯科ボンドで接着して再移植する方法や、歯根を一部だけ切断するという切除術を駆使することで、抜歯してそのままという事態をできるだけ避けるように検討致しております。

③ 口腔全体を一体と捉える根本治療

根本治療

当院では患者の方々への根本治療をご提案しております。痛みの出ている箇所だけを対処療法的に治すのではなく、口腔全体を一体として捉えて問題となっている部分を全て治療することで、長い目で見ると抜歯リスクを相当程度軽減できるのです。ヨーロッパではこの根本治療が定着しており、多くの方が80歳を過ぎても20本の歯を残しています。

さいたま市浦和区で歯を抜かず削らず治療したい方は当院へ!

天然の歯を守れる歯医者さん

以上のように浦和もちまる歯科では、歯を抜かず削らないミニマルインターベンションを重視することで、患者様の今の歯を大切にします。さいたま市浦和区でできるだけ歯を抜かない、歯を削らない歯科医院をお探しであれば、ぜひ当院までご相談ください。

トップへ戻る