自覚症状のない歯ぎしりには要注意!|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

自覚症状のない歯ぎしりには要注意!

投稿日:2018年12月4日

カテゴリ:未分類

こんにちは

トリートメントコーディネーターの仲村です。

 

随分と寒くなり、温もりが恋しくなる季節になってきましたね

気温が下がってくると、知らず知らずのうちにグッと食いしばったり

強張り、力が入ってしまいがちです。

体温調節に気を配っていきましょう!

本日は、自覚症状のない歯ぎしりについてのお話です。

 

自覚症状のない歯ぎしりには要注意!

 

歯ぎしりとは?

歯ぎしりとは、上下の歯が必要以上に上の歯と下の歯の接触が起きている状態の事を言います。

寝ている時に起こる場合と、目覚めている時に起こる場合とにより、睡眠時ブラキシズムと覚醒時ブラキシズムとに分けられます。

 

 

また、ブラキシズムは下顎の運動を伴ういわゆる歯ぎしりとタッピングという一定の下顎位で行われる歯ぎしりとに分類することができます。

 

 

睡眠時ブラキシズムは基本的には中枢性の問題であり、睡眠関連疾患と考えられています。

強い歯ぎしりは、歯の亀裂を引き起こすことがあります。

歯の頭の部分に亀裂が入ってしまうと、歯が欠けてしまう原因や、亀裂に細菌が入り込みむし歯の原因にもなります

歯の根に亀裂が生じると最悪の場合、歯を抜かなければならなくなってしまいます。

歯が割れなくても骨隆起という歯の周りの骨が膨らんでくる症状が起こることもあります。

 

 

また、顎の関節にダメージを与えてしまったり、人によっては先ほど説明した咬筋の肥大が起こります。

歯ぎしりと呼べないような弱い力であっても上下の歯を持続的に接触させたり、長時間行ったりすると、歯の周りの組織にストレスが加わり、歯周病になりやすくなります。

 

 

あるいは筋肉が疲労して、顎の付近の疼痛や疲労感、さらには頭痛の7~8割を占める緊張型頭痛も起こります。

 

歯ぎしりを改善する為には?

 

マウスピース

顎や歯への負担を軽減させるための装置のことを呼びます。

効果としては、歯ぎしりやくいしばりを軽減したりいびきを抑制したりすることができます。

マウスピースの中でも種類が別れています。

 

マウスピースの種類

 

ナイトガード

 夜眠っている間に仕様するマウスピースの事を言います。

 夜中眠っている間の歯ぎしりや食いしばりなどから歯や顎への負担を軽減させるために使用します。

 歯ぎしりや食いしばりの強さに合わせて、厚さの種類もありますがあまり分厚いものを使用すると

 逆に口を閉じることができず、顎に負担がかかったり、口腔乾燥の原因にも繋がります。

 ですので、市販で購入することも可能ですが、歯科医院でご自身の口に合ったものを作製するのが

 好ましいです。

 

スプリント

 顎関節症の症状が見られる場合に作製するマウスピースです。

 顎関節症の症状

 ・顎がカクカクしたり、コキコキと音が鳴る

 ・大きく口が開けられなくなる

 ・口を大きく開けた時に顎に痛みがある

 ・眼精疲労や肩凝り、首の疲れなどを感じる

スプリントは、歯ぎしりや食いしばりを緩和する効果もあるので

顎関節の症状がある方の多くは、スプリントと言われるマウスピースを使用することが多くあります。

 

いかがでしたか?

見に覚えのありそうな症状が見られる場合には、一度歯科医院で検診を受けてみて下さいね!

 

浦和の歯科医院で予防歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまでお問合せ下さい。

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る