楔上欠損について|浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニック

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

お子様連れに人気のキッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン治療例

インビザライン日記

インビザラインファースト

楔上欠損について

投稿日:2019年8月23日

カテゴリ:未分類

こんにちは。

浦和もちまる歯科のスタッフです。

今日は楔上欠損についてお話していきます。

楔上欠損とは、歯と歯茎の境目のエナメル質が

欠損して歯がしみてくる症状のことです。

楔上欠損は以下の原因で起こります。

・ブラッシング圧の強さ

強い力で長時間歯磨きを長年続けることで

歯が磨耗してだんだん歯が削れてきてしまいます。

ブラッシングする時は、軟らかめの歯ブラシを選択し優しい力で

磨くように心がけましょう。

。歯ぎしりや食いしばり

夜寝ているときに無意識に行う歯ぎしりや、

日常生活で歯を食いしっばっているときは

歯に大きな負担がかかってしまいます。

大きな力が加わることで歯が削れてきてしまいます。

歯ぎしりは意識しても治すことは難しいため、

歯科医院でナイトガードを作製してもらいましょう。

また、日常生活で食いしばっていると感じたときは

なるべく意識して歯を浮かすよう心掛けてください。

 

楔上欠損の治療方法は、欠損部分に白い樹脂を埋めて

修復する方法がございます。保険で治療することが可能です。

その他に、欠損が少なく歯茎が下がってしみる場合には

しみにくくするお薬を直接歯に塗布することも可能です。

 

歯がしみて痛いという方、それは楔上欠損が原因の場合が

ございますので一度当院にいらしてみてください。

 

 

 

浦和の歯科医院で一般歯科、小児歯科、矯正歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科、矯正歯科クリニックまでお問合せ下さい。

 

 

 

 

 

 

■ 他の記事を読む■

トップへ戻る