舌のお掃除|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

舌のお掃除

投稿日:2018年11月30日

カテゴリ:未分類

こんにちは、受付の滝本です。

日に日に寒くなってきました。

皆様、体調くずされてませんか?

冷え性の方は夜、温かいココアで一息つくのはどうでしょうか?

ココアの中に含まれる成分が末梢神経を拡張して手足の血流を促す効果があるそうです。

そう聞いて飲んでみると確かにいつもより手足の冷えがないような。。。

暖房器具に頼るばかりでなく、体の中から冷えを改善していきたいものですね。

 

さて、今回はお口の中の「舌」に関してお伝えさせて頂きます。

口臭の原因にもなる舌の汚れ。鏡にむかって舌を出してみるとなんだか白い汚れが。。。ということはありませんか?この白い汚れの正体は「舌苔」といいます。字のとおり、舌に付着する白い苔状のものです。この汚れの正体は舌の上皮部分が伸びたものに細菌や食べかすや粘膜のカスの付着などが考えられます。またストレスなど心身系の原因や、免疫の低下や消化器系の疾患によってもみられることがあるそうです。

また、汚れのつきかたや範囲、量は人によってさまざまなようです。同じ人でもその時の体調によっても汚れのつきかたは変わってくるといわれています。

この「舌苔」はどうしてできるのでしょうか?主な原因をあげていきます。

◇お口の中の清掃が不十分

舌苔は食べ物のカスや口の中ではがれてしまった粘膜や細菌が舌の表面についたものですので、日頃の歯みがきなどお口の中の状態を清潔に保ちましょう。

◇唾液の分泌量の低下

実は唾液には汚れや細菌を洗い流したり、細菌の増殖を抑制する働きがあります。唾液が減少してしまうとその結果、舌苔がつきやすくなってしまいます。唾液の分泌が減る原因としては、例えばストレスや薬の副作用、噛む筋力が衰えなどがあげられます。唾液をたくさん出す一番簡単な方法はよく噛むことです。食事の時に意識してよく噛んで食べましょう。また、ガムを噛むのも効果があるそうです。このようなセルフケアでも口の中の乾きが改善しない場合は病院での検査をしてみて下さい。

◇口呼吸の癖がある

鼻ではなく口で呼吸をしているとおのずと口の中が乾燥してしまます。もちろん、その結果唾液も少なくなってしまいます。意識して鼻での呼吸をしましょう。

 

☆ではこの舌苔の汚れ、どうやって掃除したらいいのでしょうか?

舌の表面はとても繊細で傷つきやすいです。お手入れする際は十分に注意が必要です。

歯ブラシで舌の表面の汚れをとることもできますが、舌専用の舌ブラシというものがあります。

舌ブラシにはブラシタイプとヘラタイプの2種類があります。

◇ブラシタイプの特徴

ヘラタイプに比べると汚れを取り除く力は劣りますが、舌乳頭(舌の表面のの間に入り込んだ汚れを掻き出すことができます。

◇ヘラタイプの特徴

先が平面の構造になっているのでよく汚れをとることができます。舌乳頭にに入り込んだ汚れはブラシタイプに比べると取る力は劣ります。

舌を前方に突き出して舌ブラシを奥から舌先にむかってゆっくり数回なぞるようにして汚れをとっていきます。すべての舌苔をとることはできないのでほどほどにしましょう。やりすぎると舌は繊細なので傷ついてしまうことがありますので十分に注意しましょう。

 

浦和で一般歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックまでお気軽にご相談下さいませ。

トップへ戻る