歯周病の治療計画|さいたま市浦和駅から近い歯医者|口コミで人気な浦和もちまる歯科

日曜日・土曜日診療

さいたま市 認可保育園 園医

保育士常在(土曜・要予約)・キッズコーナー・親子診療

歯を抜きたくない方

お問い合わせ・ご相談

さいたま市歯科健診(幼児・成人歯科健診)対応

048-824-1182

埼玉県さいたま市浦和区高砂2-6-10|浦和駅4分

インビザライン体験談

インビザライン日記

歯周病の治療計画

投稿日:2018年1月11日

カテゴリ:未分類

こんにちは。

寒い日が続いていますが、皆様風邪をひいてはいませんか?

インフルエンザも流行っておりますので、日々のうがい、手洗いを

しっかりおこない予防していきましょう。

今日は近年、耳にすることが多くなった「歯周病」に関してお話させて頂きます。

 

~歯周疾患とは??~

歯周疾患のほとんどは、本質的に炎症性疾患(歯肉炎と歯周炎)です。治療においては、局所の炎症性病変を治療する基本は、局所に炎症を引き起こす刺激物(原因)の除去と、修復過程を促すことです。

歯周疾患もこれと同じで、まず第一に大切なのは原因となる局所刺激を除去する治療法で、次に歯周組織の修復過程を促し、破壊された歯周組織をできるだけ回復することです。

歯周治療の基本はまず第一に、歯周疾患の最も重要な原因である『プラーク(歯肉縁上プラークと縁下プラーク』を歯科医と患者様とで協力して取り除いていくことが大切です。

そしてプラークを増加させたり、取り除きにくくする種々のプラーク増加因子を除去したり、改善していきます。もう一つ大切な処置は、歯周組織に咬合性外傷を引き起こし、歯周炎を増悪させる外傷性咬合を除去することです。

このような原因除去を行わず、痛いからといって鎮痛剤を投与したり、歯肉が炎症を起こしているからと言って抗生物質や抗炎症剤を投与するだけの治療や腫脹しているからといって虫垂炎のように歯肉を切りとってしまうだけの治療法は、適切な治療とはいえません。なぜならこれらの治療法は原因であるプラークを十分取り除くことにはならず、症状を一時的に改善するのみになるからです。これらの治療では歯周疾患は決して治癒することはありません。また、一時的に治癒したようにみえても、短期間のうちに再発してきます。

~歯周治療の基本的な流れ~

(1)歯肉縁上プラークの除去(口腔清掃指導の徹底)

歯肉炎・歯周炎の初発因子であるプラークを患者様ご自身で十分に取り除く習慣を身につけて頂く事が大切です。そのために口腔清掃指導(ブラッシング指導)を十分に行い、患者様ご自身で口腔を健康にし、それを日々のブラッシングで維持していくことが重要になってきます。

(2)口腔清掃を困難にする因子の除去と改善

歯周炎の修飾因子であるプラークを取り除きにくくする因子や、プラークを増加させる因子を除去したり改善していきます。具体的には、①歯石の除去、②不良補綴物の修正(適合の悪い補綴物、清掃しにくい歯冠形態や隣接面の形態)、③口呼吸の改善、④歯列不正の改善、⑤清掃を障害する歯冠および歯肉の形態異常の修正、⑥小帯の異常や付着歯肉の狭小の改善、⑦食片圧入の改善、などです。

(3)歯肉縁下プラークの除去(歯周ポケットの改善・除去)

歯周ポケットが3mm以上になると、ポケット内には歯肉縁下プラークが付着増加し、深部組織の破壊を引き起こす危険性が高くなります。とくにポケットが深くなると、偽害性の強い嫌気性グラム陰性菌や運動性のある最近が増加するので、これらの有害菌を取り除き、再び増殖できなくするためにポケットを浅くすることがきわめて重要です。(1)歯肉縁上プラークの除去と(2)口腔清掃を困難にする因子の除去により表面的には歯肉に炎症がないようにみえても、ポケットが深い場合は、歯肉縁下プラークが存在し、ポケット内に炎症があり、組織破壊が進行する危険性があります。

~咬合性外傷の改善、安定した咬合機能の回復~

歯周組織に咬合性外傷が生じている場合は、その原因となる外傷性咬合を取り除いたり、固定を行って咬合性外傷を改善します。歯の欠損により機能低下している場合は、補綴処置を治療に組み込み、安定した機能的な咬合状態を得ていきます。

~失われた歯周組織の再生~

骨吸収や歯肉退縮、歯周ポケットの形成などにより消失した歯周組織を再生させます。たとえば、根面から剥離しポケットを形成した歯周組織を再び根面に付着させたり、吸収された骨を再生させたり、退縮した歯肉を移殖により回復したりします。

~回復した口腔の健康の長期維持~

これには、長期的展望に基づく治療とメインテナンスの強化が必要です。まず、高齢者社会を迎え、患者様の年齢も考慮させて頂きながら長期的な展望のもとに治療を行っていきます。次に、治療により回復した健康を長期維持するため患者様ご自身での日々のメインテナンスにも力を入れていきます。そして、定期的な検診を行うことで、早期の再治療を中心としたメインテナンスを行っていくことが大切です。

口腔内だけでなく、全身の健康状態の向上による抵抗力の増強をはかることも大切です。

日々のブラッシングなどはもちろんですが、日々健康に過ごせるような習慣を身につけることも大切です。

 

当クリニックでは歯周病の検査、治療も実施しておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問合せ下さいませ。

 

浦和で一般歯科をお探しの方は、浦和もちまる歯科・矯正歯科クリニックまで

お問合せお待ちしております。

 

トップへ戻る